@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

陽樹【ヨウジュ】

デジタル大辞泉

よう‐じゅ〔ヤウ‐〕【陽樹】
陽光が十分に当たる場所で生育する樹木。アカマツシラカバハンノキなど。→陰樹

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようじゅ【陽樹 sun tree】
木本性の陽性植物陰性に乏しく,陽地に生じる植物で,最少受光量や補償点(光合成)が高く,光量が大きくなれば光合成量は増す。光の強いところでは幼植物の生長が速いので,何物にも覆われていない裸地に生育し,遷移では先駆者となる。疎林で林内に強い光が注ぎ込む時には稚樹が生育するが,林が密になって林床へ光が入って来なくなると陰樹に置き換わる。陰樹と陽樹は極端なものははっきりしているが,いろいろの中間段階のものがあって木本植物が二つのタイプに区分されるというような性質のものではない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようじゅ【陽樹】
陽生植物のうち樹木となるもの。陽樹林を作るが、幼樹はその林床では生育できない。樹木としては寿命が短いものが多い。シラカバ・アカマツなど。
雌雄異株の樹木で、雄花だけを付ける木。
▽⇔ 陰樹

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

陽樹
ようじゅ
陽光下で発芽し、早く成長する樹木。一般に遷移の初期に先駆植物として裸地や草原に侵入し、陽樹林を形成する。二次林の構成種もほとんどが陽樹である。カンバ類、ヤシャブシ、アカマツなどが代表的な種である。[奥田重俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐じゅ ヤウ‥【陽樹】
〘名〙
① 雌雄異株の植物で、雄花を持っているほうの木。男木(おぎ)。⇔陰樹
② 苗の生長に、直射日光の受容を必要とする木本のこと。森林内部では種子が発芽しても生育できないシラカバ、ハンノキ、ヤナギなど。⇔陰樹
[補注]「日葡辞書」に「Inju(インジュ) yǒsu(ヤウス) アリ」とあるが、yǒsu は yǒju の誤りか。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

陽樹
ようじゅ
陽生植物」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陽樹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

陽樹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation