@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

隅田八幡人物画像鏡【すだはちまんじんぶつがぞうきょう】

世界大百科事典 第2版

すだはちまんじんぶつがぞうきょう【隅田八幡人物画像鏡】
和歌山県橋本市所在の隅田八幡神社蔵の銅鏡。径19.6cm。鏡背面の主要図像は中国製の神人画像鏡を模写したものだが,その外周に48文字からなる銘文があり,それに日本の地名人名と解される文字が音読漢字で記されていることで有名。銘文は〈癸未年八月日十大王年男弟王在意柴沙加宮時斯麻念長寿遣開中費穢人今州利二人等白上同二百旱作此竟〉と読めるが,〈大〉を六,〈年〉を,〈寿〉を,〈今〉を命,〈取〉を所とそれぞれ読解する説もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

隅田八幡人物画像鏡
すだはちまんじんぶつがぞうきょう
和歌山県橋本市の隅田八幡神社に古くから所蔵されている径19.8センチメートルの(ぼうせい)鏡。国宝。内区は中国の人物画像鏡をまねたもので、外区には「癸未年八月日十大王与(年)男弟王、在意柴沙加宮時、斯麻念長寿(奉)、遣開中費直・穢人今州利二人等、取白上同二百旱、作此竟」という48字の銘文がある。銘文については、1914年(大正3)に高橋健自(けんじ)が解読して以来、福山敏男、西田長男、水野祐(ゆう)など多くの人が見解を示してきた。「癸未(みずのとひつじ)年」は443年か503年と推定され、「意柴沙加(おしさか)」のようにすでに漢字を万葉仮名的に使用していること、天皇ではなく「大王(おおきみ)」と表記されていることなど古代史研究上きわめて重要な資料である。[久保哲三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隅田八幡人物画像鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隅田八幡人物画像鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation