@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【グウ】

デジタル大辞泉

ぐう【隅】[漢字項目]
常用漢字] [音]グウ(慣) [訓]すみ
〈グウ〉
すみ。「一隅・海隅・四隅片隅辺隅
大隅(おおすみ)国。「隅州/薩隅(さつぐう)」
〈すみ(ずみ)〉「隅隅片隅四隅(よすみ)
[名のり]ふさ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すま【隅】
すみ(隅)のこと。多く地名の「須磨」にかけて用いる。
「播磨路や心の―に関据ゑていかで我身の恋を留めん」〈山家集・中〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すみ【隅/角】
囲まれた区域のかど。「部屋の四―」「書類の―を綴じる」
中央でない所。端の方や奥の方。また、目立たない所。「―で小さくなる」「頭の―で考える」
隅の折敷(おしき)」の略。
角前髪(すみまえがみ)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐう【隅 yú】
中国,宋代以後,都市の城内,城下市域に設けられた区画呼称。宋代,都市の発展,変貌ともない,その区画も唐までの坊のほかに軍事・警察を主とした(しよう)が出現したが,12世紀以後になると防火の管轄区分として隅があらわれる。南宋の国都臨安では城内を14隅に分け,望楼や消防夫を置いたが,しだいに治安維持の任務をも兼ねはじめ坊隅という呼名が定着した。隅は元・明と受け継がれ,音通で意味を含ませて防虞とも言われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すま【隅】
すみ(隅)に同じ。 播磨路や心の-に関据ゑて/山家

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すま【隅】
〘名〙 =すみ(隅)
※山家集(12C後)中「播磨路や心のすまに関据ゑていかで我が身の恋をとどめむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation