@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

隆起海岸【りゅうきかいがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

隆起海岸
りゅうきかいがん
coast of elevation
地盤の隆起または海面下降によって海底が海面上に現れて生じた海岸。海底の地形は一般に平坦なため,海岸線単調離水海岸ともいう。海底が砂質で遠浅の場合には,波は沖合いで砕けて沿岸州がつくられ,海岸との間にが生じる。潟が縮小すると平滑な海岸線ができる。千葉県九十九里浜はこのようにして生じた海岸平野の例。岩質の海岸が隆起すると海底につくられた海食台(→波食台)が陸上に現れて隆起海食台となる。海岸地域が間欠的に隆起すると,隆起の回数に応じて海岸段丘ができる。志摩半島三浦半島の隆起海食台,襟裳岬室戸岬佐渡島の海岸段丘などは好例

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅうき‐かいがん【隆起海岸】
地盤の隆起により海底が陸化して生じた海岸。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

りゅうきかいがん【隆起海岸】
地殻変動によって海底が海面上に隆起した結果、できる海岸。海食崖や海食台などが見られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

隆起海岸
りゅうきかいがん
地盤の隆起によって、浅海の海底地形が海面上に現れた結果生ずる海岸。旧海食崖(がい)、旧海食洞、そして旧海底堆積(たいせき)面が海岸段丘面として認めることができる。日本のような変動帯の海岸の場合、地震で地盤が上昇する地震性隆起海岸が多く、房総半島や三浦半島に、それによる隆起海岸が認められる。[豊島吉則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅうき‐かいがん【隆起海岸】
〘名〙 地盤の隆起により海底が陸化して生じた海岸。離水海岸。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隆起海岸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隆起海岸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation