@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

隆起【りゅうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

隆起
りゅうき
uplift
海面に対して土地高度を増大する現象。土地が湾曲しながら隆起することを曲隆と呼ぶ。陸地が隆起すると浸食基準面 (海面) との比高が増大するので,一般に浸食作用が強くなる。土地が間欠的に隆起すると,隆起の回数に応じて河岸段丘海岸段丘ができる。沈降に対する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅう‐き【隆起】
[名](スル)
ある部分が高く盛り上がること。「豊かな胸の隆起
陸地が周囲、特に海水面に対して相対的に上昇すること。「海底が隆起してできた島」
物事の勢いの高まること。また、勢いを高めること。
「我が鉱山は未だ較著の事業を―すに足れりというを得ず」〈雪嶺・真善美日本人〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうき【隆起】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

隆起
りゅうき

ある地域の地層、岩体や地盤が周辺に対して相対的または絶対的に上昇すること。海水面に対して上昇することをさすときもある。規模や成因を問わず用いられる。なお、隆起に対する語として沈降がある。

[伊藤谷生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅう‐き【隆起】
〘名〙
① ある部分が高く盛り上がること。特に、土地が海面に対して高くなる自然現象。海面の低下によっても生じる。また、その所。
※山王絵詞(1310頃)二「両目に重瞳子あざやかに、頂骨また隆起して、かたち肉髻のごとし」 〔後漢書‐張衡伝〕
② 物事の勢いが高まること。また、盛んにすること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「次第に声名隆起(〈注〉タカク)し、著述を以て家を成に至りけれども」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隆起」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隆起の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation