@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

隊商【たいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

隊商
たいしょう
caravan
おもに内陸アジアや北アフリカの砂漠草原地帯を安全に交通し貿易するために,ラクダウマなどを運搬・乗用手段として隊伍を組んで商品を運ぶ商人や,巡礼者,旅行者の団体。キャラバンともいう。シルクロードやステップロード(→草原の道)に基づく東西交易,文化交流の主要な担い手として古くから活躍した。ヨーロッパ人の新航路発見(→大航海時代)以来,海上交通の隆盛で重要度が低下し,近代的交通手段の発達に伴って決定的に衰えたが,いくつかの重要な商路は 19世紀まで使われ,今日でも一部の地域で存続している。隊商商人として,中央アジアや西アジアのオアシス都市出身者が活躍したが,特にソグディアナ地方のイラン系住民ソグド人が最も有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい‐しょう〔‐シヤウ〕【隊商】
砂漠地方などで隊を組んで旅する商人の一団。キャラバン。
[補説]書名別項。→隊商

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たいしょう【隊商】[書名]
原題、〈ドイツ〉Die Karawaneハウフ童話集。1826年刊。枠物語体裁をとり、東方世界を幻想的に描いた作品集。「幽霊船の物語」「こうのとりになったカリフ」などの作品を収める。別邦題「キャラバン」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たいしょう【隊商】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

たい‐しょう ‥シャウ【隊商】
〘名〙 砂漠を隊を組んで通行する商人の集団。キャラバン。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四「其初め遊牧人民に交り、亜細亜の北部なる漠野に、隊商往来の業に習慣をなしたるによる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隊商」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隊商の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation