@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

隔膜【かくまく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

隔膜
かくまく
diaphragm
薄いを通して流体が浸透を起す場合に,この膜を隔膜と呼ぶ。隔壁と呼ぶこともある。溶媒は通すが溶質は通さない性質をもった隔膜を半透膜という。動物のボウコウ膜,コロジオン膜,セロファンなども多少この性質をもっている。フェロシアン化銅の膜はこの性質が強く,したがって浸透圧の測定に用いられる。化学工業では隔膜のこの性質を応用して,たとえば食塩水を電解して水酸化ナトリウムと塩素を製造するのに用いられる。これを隔膜法という。 (→浸透圧 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かく‐まく【隔膜】
動植物の細胞や組織を区切っている膜。娘細胞間に生じる細胞膜、哺乳類の横隔膜など。
電気分解透析に用いる、流体の境界を隔てる多孔質の膜。特定分子を選択的に透過させる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かくまく【隔膜】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かくまく【隔膜】
生物体の器官や組織などを仕切っている膜状物の総称。体節間膜・横隔膜など。
電気分解で、両極の反応生成物が混合して副反応をするのを防ぐために、両極間に置く石綿などの多孔質の隔壁。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隔膜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隔膜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation