@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

隕石孔【いんせきこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

隕石孔
いんせきこう
meteorite crater
大きな隕石が惑星表面に衝突したために生じる凹状の外形は一般にほぼ完全な円形をしており,孔の周囲には,孔の内部からの土砂の盛上がりがみられる。隕石孔の直径は,μm 程度のものから,数百 km 以上になるものまでいろいろあり,大きなものは中央に隆起がみられるものもある。隕石孔と火山火口とは地形だけで判別するのはむずかしい。隕石孔の証拠としては,隕石の衝突で生じた高温・高圧によって岩石鉱物が変成されたものが使われる。たとえば有名なアメリカ,アリゾナ州の隕石孔からは高圧下でなくては形成されることのないコーサイトスティショフ石が発見されたことから,これが隕石孔であることが明瞭に示された。地球のみならず,月や火星水星など他の惑星や衛星にも多くの隕石孔がみられる。ただし隕石孔というと凹状孔の起源を指定してしまうので,起源をはっきりさせないで使う場合には日本語でもクレータと称することが多い。月のクレータやその他の天体のクレータの多くは,現在では隕石孔であると広く信じられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんせきこう【隕石孔】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

隕石孔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隕石孔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation