@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

隕鉄【インテツ】

デジタル大辞泉

いん‐てつ〔ヰン‐〕【×隕鉄】
隕石のうち、主成分(約90パーセント)とニッケルとの合金であるもの。鉄隕石

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんてつ【隕鉄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

隕鉄
いんてつ
iron meteorite

隕石のうち鉄・ニッケル合金を主体とするものをいい、地球に降下する隕石の5.7%を占める。隕鉄は、その微量成分元素組成に基づいて15グループに細分類されている。この多様性は、金属鉄が原始太陽系の中で、凝縮、集積、溶融、再結晶などの諸過程をたどって進化するとき、その途中の段階で進化が止まったために生じたものである。たとえば、隕鉄の2%を占める少数グループは、ガスから凝縮したまま凍結した組成を示す。26%を占める別のグループは、集積して小天体を形成したが、コアを形成するには至らず、小天体内部に、ぶどうパンの中の干しぶどうのように、分散したまま凍結した組成を示す。残り72%の多数グループは、これらの諸過程をすべて経由した組成を示しているので、小天体のコアを形成していたといえる。これらの小天体の大きさは、隕鉄中のニッケルの分布状態からみて、半径数十~300キロメートル程度で大小さまざまであった。ちなみに、1890年(明治23)富山県中新川(なかにいかわ)郡上市町(旧白萩(しらはぎ)村)で発見された隕鉄は、典型的なコア隕鉄である。榎本武揚(えのもとたけあき)は、刀工国宗(くにむね)に命じてこの隕鉄塊(22.7キログラム)から「流星刀」をつくらせ、皇太子(大正天皇)に献上したと伝えられている。

[小沼直樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐てつ ヰン‥【隕鉄】
〘名〙 ニッケル、鉄を主成分とする隕石の総称。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

隕鉄
いんてつ
鉄隕石」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隕鉄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隕鉄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation