@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

隠密【おんみつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

隠密
おんみつ
密偵で,忍 (しのび) の者,間者ともいう。南北朝時代から存在した。江戸時代においては隠目付忍目付庭番などと呼び,武士ではあったが身分は低かった。初め江戸幕府の隠密は伊賀者甲賀者を使っていたが,徳川吉宗紀伊から連れてきた広敷伊賀者を使用して諸大名動静を探らせた。幕府隠密の常職は庭番であり,幕府だけでなく諸大名も隠密を使った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おん‐みつ【隠密】
[名・形動]
人に悟られないように隠して事を行うこと。また、そのさま。いんみつ。「隠密に事を運ぶ」
戦国時代から近世にかけて、情報活動に従った下級武士。幕府や各藩に属し、スパイ活動を行った。間者(かんじゃ)。忍びの者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いん‐みつ【隠密】
[名・形動]おんみつ(隠密)1」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おんみつ【隠密】
主家などの密旨をおびて探索に従事する者をいう。忍者,間者。はやくも南北朝時代に姿をあらわすが,その活躍の盛んになるのは戦国時代からである。甲賀者伊賀者が有名である。江戸時代に入ると,幕府,諸藩は隠密を用いて諸方面にわたる情報収集につとめたが,彼らはいずれも軽い身分の者であった。幕府には目付の指揮下に(かち)目付,小人(こびと)目付があって表裏の活動をし,また将軍以下老中若年寄側衆大目付,目付などの命をうけて探索に従事した者に御庭番があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

隠密
おんみつ

江戸時代の探偵吏の総称。幕府の隠密には、初め伊賀者や甲賀者が使われたが、8代将軍徳川吉宗(よしむね)は紀州から連れてきた御広敷伊賀者(おひろしきいがもの)を改編して御庭番(おにわばん)とし、将軍直属の諜報(ちょうほう)機関に据えた。このほか目付(めつけ)の下僚である小人(こびと)目付や徒士(かち)目付なども、密命を受けて全国に飛び、市井に入り込んで情報の収集にあたった。『幕末風聞探索書』(全3巻・雄山閣出版)には、井伊大老のもとへ京都、水戸をはじめ各地に派遣された探索方からの624通にも上る報告が載っている。

[渡邉一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おん‐みつ【隠密】
〘名〙
① (形動) (━する) 物事をかくしておくこと。また、そのさま。内密。秘密。
※東寺百合文書‐は・建武元年(1334)七月・若狭太良荘時沢名本名主国広代行信重申状「恐自科、雖令隠蜜彼状等、時行訴訟之時」
※太平記(14C後)三三「天に耳無しといへども、是を聞くに人を以てする事なれば、互に隠密(ヲンミツ)しけれ共」
② 中世の末から近世、情報収集を担当していた武士。幕府や各藩に所属し、スパイ活動をおこなった。「忍びの者」「間者(かんじゃ)」などの称がある。
[語誌]室町時代末から江戸時代にかけて①から②が生じる一方で①の用法がすたれていくが、その背景には仏教語の「秘密」などが徐々に一般化し、①の用法をおかしていったことなどが考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

隠密
おんみつ
江戸時代,探偵吏の通称
隠 (かくし) 目付ともいう。すでに南北朝時代からあり,主命をうけ商人虚無僧 (こむそう) などに変装し,敵情調査などを行った。江戸幕府では将軍・老中・若年寄・目付が使用し,おもに大名統制の手段とした。伊賀者・甲賀者は有名。8代将軍徳川吉宗以後,直属の隠密として「お庭番」が置かれた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隠密」の用語解説はコトバンクが提供しています。

隠密の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation