@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雁風呂【ガンブロ】

デジタル大辞泉

がん‐ぶろ【×雁風呂】
青森県津軽の外ヶ浜付近で、海辺に打ち寄せられた木片をたいて風呂をたてる風習。秋の末に渡ってくるが、海上で羽を休めるための木を海辺に落としておき、春に再びくわえて帰るといわれ、残った木片は死んだ雁のものであるとして、供養のために諸人を入浴させたという。雁供養 春》「―や笠に衣ぬぐ旅の僧/蛇笏

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

雁風呂
古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。二代目桂三木助から六代目三遊亭圓生に受け継がれた。「天神」とも。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がんぶろ【雁風呂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

がん‐ぶろ【雁風呂】
〘名〙 浜べに落ちている木を拾い集め、雁の供養のために風呂をたいたと伝えられる風習。雁は海上で羽を休めるために木片をくわえて渡ってき、陸に着くとそれを海岸に落としていく。そして、春に再びその木をくわえて北方に帰ると思われていたところから、雁の去ったあとに浜べに残った木は死んだ雁のものとし、その木を集めて供養のために風呂をわかして諸人にふるまったという。津軽(青森県)の外ケ浜の習俗と伝えられる。雁供養(がんくよう・かりくよう)。《季・春》 〔俳諧・滑稽雑談(1713)〕
※雑俳・紀玉川(1819‐25)二「蘇武の咄し雁風呂で仕る廻国者」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雁風呂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雁風呂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation