@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雁首【カリクビ】

デジタル大辞泉

かり‐くび【×雁首】
雁の首。それに似た形のもの。特に、陰茎の先端部。亀頭(きとう)。
「―に数珠(じゅず)を懸けさせ」〈浮・一代男・八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がん‐くび【×雁首】
《形が雁の首に似ているところから》
キセルの頭部。先端にタバコを詰める火皿がある。
縦樋(たてどい)の落ち口などに用いる先の曲がった土管。
人間の首や頭をいう俗語。「雁首をそろえる」「雁首を並べる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がんくび【雁首】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かり‐くび【雁首】
〘名〙 (雁の首の意から) 形が雁の首に似るもの。また、特に陰茎の頭。亀頭。雁(かり)
※浮世草子・好色一代男(1682)八「末定めなき作蔵なれば、かり首(クビ)に珠数を懸けさせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がん‐くび【雁首】
〘名〙
① (もとのものは、長くうねって雁(がん)の首に似ているところから) キセルの、タバコをつめる部分。
※俳諧・犬子集(1633)四「棹になりてわたるがんくびはきせる哉〈貞徳〉」
② 竪樋(たてどい)の落とし口などに用いる、キセルの頭の形をした土管。雁首管。
③ 俗に、人の首、頭をいう。
※滑稽本・古朽木(1780)一「煙管屋(キセルや)の亭主に無心いへば、鴈首(ガンクビ)をふって脂(やに)っこい挨拶」
④ =がんくびぜに(雁首銭)〔俚言集覧(1797頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雁首」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雁首の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation