@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雄性ホルモン【ユウセイホルモン】

デジタル大辞泉

ゆうせい‐ホルモン【雄性ホルモン】
脊椎動物の性徴発現・維持や精子形成などに関与するホルモン。主に精巣から分泌される。アンドロゲン男性ホルモン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうせいほるもん【雄性ホルモン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうせいホルモン【雄性ホルモン】
脊椎動物の雄の形質の発達と維持に関与する性ホルモン。主に精巣から分泌され、雄性生殖器官を発達させ、また二次性徴を発現させる。雌では主に副腎から分泌されている。アンドロゲン。男性ホルモン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雄性ホルモン
ゆうせいほるもん
脊椎(せきつい)動物の精巣の間細胞から分泌されるステロイド系の性ホルモン。代表的なものはテストステロンとアンドロステンジオンで、これらの物質を総称してアンドロゲンという。ヒトの場合は男性ホルモンといわれる。おもな作用は精子形成の刺激、雄性生殖器官の発達と機能維持、タンパク質同化促進、二次性徴の発達と維持、性行動の発現などである。精巣のほか、卵巣、副腎(ふくじん)皮質からも少量分泌される。[守 隆夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうせい‐ホルモン【雄性ホルモン】
〘名〙 (ホルモンはHormon) 主に動物の雄としての形質の発達や維持に関与するホルモンで、主として精巣から分泌される。テストステロンなど。男性ホルモン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雄性ホルモン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雄性ホルモンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation