@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雄性先熟【ゆうせいせんじゅく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雄性先熟
ゆうせいせんじゅく
protandry
雌雄同体の動物において,雄性の生殖器官特に精巣が雌性の生殖器官,特に卵巣よりも早く成熟する現象。この場合,雄性の生殖器官がその本来の作用を終り退化してから雌性の生殖器官が発達するためにあたかも雌雄異体のもののようにみえるものと,雄性生殖器官が残り,一足遅れて雌性器官が発達し,雌雄同体を示すものとがある。前者の例としては吸口虫類の Myzostomumがある。後者は例が多く,二枚貝類のカキ,硬骨魚類のクロダイなどがある。また二枚貝類のフナクイムシなどでは1次的に現れた雄性生殖器官が退化し雌性生殖器官が現れ,これが退化してから2次的な雄性生殖器官が現れ,さらにその退化後また2次的な雌性生殖器官が出現するというように,雄性と雌性とが交互に出現することが知られている。植物の両性花のときには雄ずい先熟の語を用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうせい‐せんじゅく【雄性先熟】
雌雄同体の動物で、雄性生殖器官の精巣などが、卵巣などの発達に先立って成熟すること。のちに卵巣も発達して両方をもつ個体となる場合と、精巣が退化して卵巣が発達する場合とがある。種子植物では、個々の花において、雄しべまたは雄花が先に成熟し、のちに雌しべまたは雌花が成熟することを指す。→雌性先熟

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうせいせんじゅく【雄性先熟】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ゆうせい‐せんじゅく【雄性先熟】
〘名〙 雌雄同体の動物で、雄性生殖器官が雌性生殖器官より先に成熟すること。後に雌性生殖器官が成熟して完全な雌雄同体になる。→雌性先熟(しせいせんじゅく)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雄性先熟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雄性先熟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation