@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雄物川【おものがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雄物川
おものがわ
秋田県南東部,横手市西部の旧町域。横手盆地の西にあり,雄物川に臨む。 1955年沼館町と福地村,里見村の2村および明治村の一部が合体して雄物川町が発足。同年館合村の一部,1957年十文字町の一部を編入。 2005年横手市,増田町,平鹿町,大森町,十文字町,山内村,大雄村の7市町村と合体して横手市となった。戦国時代には小野寺氏の支城があった。水田が多く,米の単作地帯。山麓部では,米作畜産果樹や野菜の栽培などの複合経営が行なわれる。周辺の農山村から野菜,山菜などが運ばれ朝市が開かれる。中心集落の沼館には中世豪族の館といわれる沼ノ柵跡がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雄物川
おものがわ
秋田県中部を流れる川。全長 133km。古くは御物川とも書いた。宮城県境の虎毛山と神室山北斜面付近に発し,高松川,皆瀬川を合わせて横手盆地西端を北流,大仙市神宮寺付近で,最大の支流玉川と合流する。その後秋田平野に出て,土崎付近で日本海に注ぐ。流水量は融雪時が最大。河口付近では降雨時にしばしば逆流,停滞し,浸水した。河口の港を保護し,浸水を防ぐために 1938年新屋浜に放水路を建設。河川は浅く,勾配はゆるやかで,古くから仙北米や木材の輸送に利用された。刈和野,神宮寺,大曲などは当時の河港であった。また横手盆地や秋田平野の水田地帯を潤す大動脈で,秋田湾新産業都市の工業用水ともなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おもの‐がわ〔をものがは〕【雄物川】
秋田県南部を流れる川。神室(かむろ)山地を発し、北西に流れて秋田市で日本海に注ぐ。長さ133キロ。御物川。御膳川。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おものがわ【雄物川】
秋田県南部,雄勝郡雄勝町上院内南沢に源を発し,横手盆地を北流,出羽山地先行谷で横切り,秋田平野に出て,日本海に注ぐ河川。幹川流路延長133km,全流域面積4710km2で,県内第1の河川。幹川および皆瀬川・成瀬川上流は,明確な構造谷を流れ,横手盆地中央部では,真昼山地麓の複合扇状地に押されて西偏する。盆地出口の神岡町,西仙北町や秋田市南部四ッ小屋付近は,流路変遷が著しく,数多くの河跡湖自然堤防が発達する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おものがわ【雄物川】
秋田県南部、神室かむろ山地に源を発し、秋田市西方で日本海に注ぐ川。長さ133キロメートル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おもの‐がわ をものがは【雄物川】
(上流域一帯の貢物の輸送路であったところから呼ばれた) 神室(かむろ)山地を源とし、横手盆地、秋田平野を流れて日本海に注ぐ川。全長一三三キロメートル。御物川。御膳川。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雄物川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雄物川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation