@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

集塵装置【しゅうじんそうち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

集塵装置
しゅうじんそうち
collector
排出ガスから粉塵,煤塵,ミストなどを集する装置フィルタ,重力沈降,遠心力慣性,電気的沈降,シャワーなどを用いる方式があるが,一般的には,遠心集塵装置 (マルチサイクロン) ,重力集塵装置,洗浄集塵装置 (スクラバー ) ,ろ過集塵装置 (バックフィルタ) ,電気集塵装置などが,用途に合せて,単独または組合せて設置されている。東京都公害防止条例では,煤煙発生施設のうち高濃度の粉塵を排出するものには,集塵装置の取付けを義務づけている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

集塵装置
しゅうじんそうち
dust collector

排出ガスの浄化やプロセスガスの清浄化、粒子成分の回収など種々の目的のため、気体(おもに空気)中に浮遊するダスト(固体微粒子)やミスト(液体微粒子)を除去する装置の総称。集塵装置は、公害対策としてボイラー、焙焼(ばいしょう)炉、加熱炉、廃棄物焼却炉などの排出ガス中の煤塵(ばいじん)を除去するためのほかに、製造工業においてはIC工場、製薬工場などにおける空気清浄化による品質の向上、乾燥機からの食品、せっけんなどの製品の回収や、各種製造工程からの酸化亜鉛、カーボンブラックなどの回収のために取り付けられている。

[早川豊彦]

種類と性能

集塵装置は、機械式、電気式、乾式、湿式など種類が多い。5ミクロン程度までは構造が簡単な機械式の乾式(重力沈降室、衝突式集塵装置、サイクロンなど)で、1ミクロン程度までは圧力損失の小さい(水柱100~300ミリメートル)スクラッバーscrubberで集塵できるが、サブミクロン(1ミクロン以下)まで集塵するものは大型で高価になる。処理ガス流量が毎分2000~3000立方メートル以上の大流量では、電気集塵機が動力費が小さく有利といわれ、それ以下の中小流量では乾式のバッグフィルターbag filter(袋状の濾布(ろふ)を用いる装置)が優れている。直管の中途を絞った管(ベンチュリー管という)をサイクロンに接続したベンチュリースクラッバーventuri scrubberは簡便で高性能だが、圧力損失が大きく、洗浄水の排水処理のため、気体の急冷とか吸収を兼ねる場合を除き、あまり用いられない。湿式電気集塵機は高性能だが、排水処理が必要なのと蒸発水分による絶縁劣化を防ぐため、気体を十分冷却しておく必要がある。

[早川豊彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅうじん‐そうち シフヂンサウチ【集塵装置】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

集塵装置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

集塵装置の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation