@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

集成館【しゅうせいかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

集成館
しゅうせいかん
鹿児島県鹿児島市にある,日本最初の本格的洋式工場を含む旧工場群。弘化3(1846)年薩摩藩主の島津斉興が鹿児島の中村郷に製薬館などを設けたのに端を発する。島津斉彬が嘉永5(1852)年,磯邸内にそれらを移して集成館と名づけ反射炉などの工場群の建造に着手,箕作阮甫など多くの洋学者,技術者を使って化学薬品,大砲火薬織物陶磁器,ガラス器,農耕具,機械などを製造した。しかし斉彬の死後は縮小された。薩英戦争で破壊されたが,斉彬の意思を継いだ島津忠義再興に取りかかり,慶応1(1865)年機械工場,同 3年紡績工場の鹿児島紡績所が竣工した。明治1(1868)年に官営となったが,その後島津家に払い下げられ,1915年に全面的に廃業。当時の機械工場は今日では尚古集成館として,その工具製品類の陳列館となり,仙巌園(磯庭園)内に保存されている。各施設は国の重要文化財や史跡に指定。2015年「明治日本の産業革命遺産:製鉄製鋼造船,石炭産業」として世界遺産の文化遺産に登録された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅうせいかん【集成館】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

集成館
しゅうせいかん
幕末,薩摩藩主島津斉彬 (なりあきら) が軍備充実・殖産興業のため設けた洋式工場
1854年鹿児島に日本最初の溶鉱炉築造。また反射炉・ガラス・陶磁器・洋式紡績・紙・氷砂糖・油・鋼鉄地雷などの工場を設け,動力は水車を用いた。職工など1200人が就業した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

集成館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

集成館の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation