@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

集計【しゅうけい】

デジタル大辞泉

しゅう‐けい〔シフ‐〕【集計】
[名](スル)数を寄せ集めて合計すること。また、その合計した数。「各営業所の売上げを集計する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅうけい【集計】
スル
寄せ集めたいくつかの数を合計すること。また、合計した数。 得票を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

集計
しゅうけい
data processing counting
社会調査によって得られたデータを,統計的分析にかける前にデータ処理をする作業過程。作業過程は通常,(1) エディティング (点検) ,(2) コーディング (符号化) ,(3) タビュレーション (集計表作成) という順序で構成される。エディティングとは,現地調査 (→野外調査 ) の最中ないし終了時点で,調査員自身および専門のエディターによって行われる調査票の内容の点検作業のことである。コーディングとは,調査項目の回答を1項目ごとに分類しこれを符号化する作業である。この作業によって次のタビュレーションを容易にする。しかしこの符号化作業の前提作業としての回答分類作業は,事例や調査法のあり方によって困難な作業になることがあり,自由回答や自由面接,非統制的観察によるドキュメントの分類はきわめて困難である。タビュレーションとは,(1) (2) の作業後に統計表の形にしてまとめる作業である。この作業はさらに2つの統計表の作成に分れる。 (a) 1つの標識に関しての度数を示した度数分布表の作成 (単純集計) 。 (b) 2つ以上の標識の組合せに関する度数を示した相関表の作成 (クロス集計) である。このタビュレーション作業は手集計か機械集計かの方法によるが,手集計の場合,画線法,アセンブリング・シート法,カード法,パンチ・カード法,転記法の5つの方法がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐けい シフ‥【集計】
〘名〙 各個の数値を寄せ集めて合計すること。また、合計したもの。
※経済実相報告書(1947)七「米国及び米国商事会社扱いの物資のみの集計によってみれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

集計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

集計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation