@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雑兵物語【ゾウヒョウモノガタリ】

デジタル大辞泉

ぞうひょうものがたり〔ザフヒヤウものがたり〕【雑兵物語】
江戸前期の兵法書。2巻。松平信興著とされる。天和3年(1683)以前の成立。弘化3年(1846)刊。雑兵の話に託し、戦場・武備・武具などの重要事項を口語で記したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぞうひょうものがたり【雑兵物語】
江戸前期の兵書。2巻。作者(撰者)には松平信興,同輝綱が擬せられているが定説はない。鉄砲足軽,弓足軽,鑓足軽,中間,夫丸(ぶまる)など下卒の兵器操練法や戦時の心得などを,それぞれがその体験,見聞を語るという形式を借りて,口語体で平易に説明している。延宝・天和ごろ(1673‐84)の成立といわれ,兵書,また国語学上の資料として重視されている。1846年(弘化3)刊行され,活字本が岩波文庫にある。【岩沢 愿彦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ぞうひょうものがたり ザフヒャウ‥【雑兵物語】
江戸初期の兵法書。二巻。作者には松平信興、同輝綱、小幡景憲などが擬されるが不詳。天和三年(一六八三)以前の成立。弘化三年(一八四六)刊。雑兵三〇人の体験談の形式で、雑兵の心得を簡明・平易に説く。下級武士の戦陣訓的役割をはたした。また、江戸初期の口語資料としても重要。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑兵物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雑兵物語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation