@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雑喉場【ざこば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雑喉場
ざこば
大阪西区にある大阪最大の魚市場。江戸時代には堂島の米市,天満の野菜市と並んで,上方三市の一つとして繁栄した。起源は 15世紀末と伝えられる。元和4 (1618) 年上魚屋町に移転,冥加金を納めて魚市場の特権を得たが,河口に遠いため鮮魚の取引に不便で,鷺町に出張所を設置,雑魚 (ざこ) の取引で栄えたので,雑喉場の呼び名が発生した。その後問屋株仲間などを結成したが,明治2 (1869) 年雑喉場生魚商社を設立,株仲間を改め,鑑札制度の組合を組織して在に及んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ざこば【雑喉場】
大阪市西区の地名堂島米市場、天満青物市場とともに江戸時代の大坂三大市場であった魚市場の所在地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざこば【雑喉場】
雑喉とは種々入りまじった小魚のことで,それを売買する所を雑喉場といい,大坂魚市場の固有名詞となった。1495年(明応4)ころ,蓮如の石山本願寺建立のときできたという。のち豊臣秀吉が大坂城築城のとき城に近く,また魚類運送に不便であるとして,1597年(慶長2),靱(うつぼ)町(現,東区伏見町)に移し,さらに1618年(元和4)大坂の復興に伴い上魚屋町(東区安土町)に移るとともに,冥加金を上納して,大坂唯一の魚市の特権を得た。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

雑喉場
ざこば

一般的には魚市場をさすが、近世大坂の鮮魚市場の名称として有名である。大坂の魚市場は慶長初年頃(1598~1599)東横堀(ひがしよこぼり)川西岸の高麗橋(こうらいばし)1丁目から道修(どしょう)町1丁目一帯にかけて形成され、南部は大坂夏の陣まで、北部は1621年(元和7)頃まで続いた。この魚市場は生魚と乾塩魚を取り扱ったが、生魚商は1618年に上魚屋(かみうおや)町に移転し市場をつくった。この生魚商たちは魚船の出入りの便のため1679年(延宝7)に出張所を鷺島(さぎしま)につくったが、しだいに雑魚取引がここに集中するようになり、いつしか「雑魚場」「雑喉場」と呼ばれるようになった。上魚屋町の本店も1679年(延宝7)と1682年(天和2)にここに移転。承応(じょうおう)年間(1652~1655)に問屋株40軒を免許され、鮮魚の独占市場となり、1772年(安永元)には株数84軒に増加させた。明治以降も存続し、1931年(昭和6)大阪中央卸売市場の成立で廃止された。

[内田九州男]

『魚市場事務所編『雑喉場魚市場沿革史』(復刻版、1968・大阪水産流通史研究会)』『佐久間貴士編『よみがえる中世2―本願寺から天下一へ大坂』(1989・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

雑喉場
ざこば
江戸時代,大坂の魚市場
蓮如の石山本願寺創建のときに始まるという。1618年,江戸幕府に冥加金を納め,大坂唯一の特権的魚市場となって発展した。大坂では堂島の米市場,天満の青物市場と並び称された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑喉場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雑喉場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation