@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雑巾【ゾウキン】

デジタル大辞泉

ぞう‐きん〔ザフ‐〕【雑巾】
汚れをふき取るための

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぞうきん【雑巾】
ふき掃除などに使う布。〈雑布〉とも書く。約30cm四方の木綿布を数枚重ねて刺子(さしこ)にしたものが代表的だが,このような雑巾が使われだすのは江戸時代中ごろからである。鎌倉時代ごろまではおもに棒雑巾が使われていた。長柄の先につけた30cmほどの横木に長さ50cmくらいの布をとりつけたものだが,これを当時何とよんでいたかは不明である。中国語では墩布(とんぷ)という。〈ぞうきん〉という言葉は室町あたりから出てくるが,これは禅林でいう〈浄巾〉のなまったものと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ぞう‐きん ザフ‥【雑巾】
〘名〙 床板、家具、調度品などの汚れた部分をふき清めたり、足などの汚れをふき取ったりするための布。ふつう使い古しの綿布などを数枚かさねて縫ったものを用いる。
※文明本節用集(室町中)「浄巾 ザウキン」
※浮世草子・好色一代男(1682)二「いつとなくざん切になでつけ、衣は雑巾(サウキン)となり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑巾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雑巾の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation