@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雑種強勢【ざっしゅきょうせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雑種強勢
ざっしゅきょうせい
heterosis
雑種第1代がその生産性,耐性などの生活力で,両親のいずれの系統よりもすぐれる現象で,逆の場合の雑種弱勢に対する語。トウモロコシなどでは昔から知られており,実際に利用されてきた。一般に同系交配を続けたのちの交雑において特に著しいが,生殖能がなかったり (ラバ) ,雑種第2代では現れなかったりするから,常に原種の純系を用意する必要がある。なぜ雑種強勢現象が起るかについては,雑種第1代における対立遺伝子相互作用説,ほかの異なる優性遺伝子の共存説,さらには環境説などあるが,まだ不明な点が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ざっしゅ‐きょうせい〔‐キヤウセイ〕【雑種強勢】
一代雑種(F1)が両親よりも大きさ・繁殖力・抵抗性などですぐれていること。畜産農業飼育栽培に利用される。ヘテロシスハイブリッドビガー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざっしゅきょうせい【雑種強勢 hybrid vigor】
ヘテローシスheterosisともいう。生物の種間または品種間の交雑を行うと,その一代雑種はしばしば両親のいずれよりも体質が強健で発育がよいという現象がみられる。これを雑種強勢といい,農作物,家畜の品種改良にしばしば利用される。最初トウモロコシで発見され,ついで動物でもモルモットで認められた。 一方,異なった個体間の受精によって繁殖することを常態とする他殖性作物(トウモロコシなど)を,強制的に自殖(同一個体内で受精させる)させたり,近親間の交配を繰り返したりすると,子孫(後代)の生育がしだいに劣ってくる例が多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ざっしゅきょうせい【雑種強勢】
雑種第一代が両親のいずれよりも大きさや病気・環境に対する抵抗性あるいは生産力などの点ですぐれた形質を示す現象。ヘテロシス。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雑種強勢
ざっしゅきょうせい
hybrid vigor
遺伝的に異なる両親の間に生じた雑種に現れる、生育、生存力、繁殖力などの優れた性質をいい、ヘテローシスheterosisともよばれる。自殖劣性の逆の現象である。すべての雑種に現れる現象ではなく、両親の組合せによってその程度が異なる。一般に同一種内の遠縁のものの間の組合せほど雑種強勢が強く現れるが、あまり遠縁のものはかえって生育の不良な雑種弱勢を示すことがある。
 雑種強勢は、雑種性の程度と深く関係しており、雑種第一代(F1)にもっとも著しく現れ、以下、雑種世代が進むにしたがってしだいに強勢の程度が減少する。[井山審也]

雑種強勢の現象

ドイツの植物学者J・G・ケルロイターのタバコを用いた広範な雑種研究で1760年代に発見されたが、これが農業生産に実用化されたのは、1900年代初めのアメリカの研究者ヘイズHerbert Kendall Hayes(1884―1972)、イーストEdward Murray East(1879―1938)、シャルGeorge Harrison Shull(1874―1954)らのトウモロコシの雑種強勢の研究に始まる。アメリカのトウモロコシの生産は、一代雑種の利用によって飛躍的に増大した。日本でも、1914年(大正3)にすでにカイコの一代雑種品種の利用が蚕糸試験場で開発され、その後、急速に全国に普及した。雑種強勢の利用は、異なる両親の間の交雑を必要とするので、交雑種子の得られやすい他殖性の作物に広く適用されてきたが、やがて遺伝的に花粉などの受精能力を不能にする細胞質雄性不稔(ふねん)の利用などによって、イネなどの自殖性の作物にも応用されるようになった。現在では、ほとんどのニワトリ、カイコなどの動物、トウモロコシ、トマト、タマネギ、モロコシ(自殖性作物)など植物の品種が一代雑種品種となり、また多くの野菜類、花、林木、家畜などの生産に利用されている。[井山審也]

雑種強勢の原因

生存に有利な遺伝子が、不利な遺伝子に対して優性であって、そのような遺伝子の数が多いと、一方の親にそのような有利な遺伝子をすべてホモの状態で集めることは非常にむずかしい。とくに遺伝子の数が多いと、限られた数の染色体上にそれらが連鎖している可能性が高いので、有利な遺伝子だけを一方の遺伝子型に集めることはさらにむずかしい。このような、有利な遺伝子も不利な遺伝子ももっている両親の間の交雑を行ったとき、F1はヘテロの状態になって、互いに一方の親からきた不利な劣性遺伝子の表現を、他方の有利な優性対立遺伝子が覆い隠してしまう確率が高くなる。そのようにして生じたF1は、両親のいずれよりも有利になるという説明で、優性遺伝子連鎖説といわれる。それと対立する別の説明は、超優性説である。一つの遺伝子座について、ヘテロ接合型が両親のいずれのホモ接合型よりも優れている現象を超優性という。両親の交雑によって、その間で異なる遺伝子がヘテロ接合型となって雑種強勢が現れるという説である。実際にはおそらくこれらの両方の現象がおこっているものと思われる。[井山審也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざっしゅ‐きょうせい ‥キャウセイ【雑種強勢】
〘名〙 雑種第一代が体の大きさ、増殖力、抵抗性などで両親よりも優れていること。例えば蚕の雑種が両親より強健で発育がよく、糸量も多いなど。畜産や農業で、飼育、栽培に利用される。ヘテロシス。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑種強勢」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雑種強勢の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation