@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雑芸【ぞうげい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雑芸
ぞうげい
伎楽,舞楽などに対し,散楽およびこれと共演する曲芸奇術をも含める種々の芸能の総称。別に平安時代後期以降の歌曲,流行歌謡群の総称。神歌,法文歌今様古柳 (こやなぎ) ,田歌,沙羅林 (さらりん) など。遊女傀儡 (くぐつ) などの遊芸人の間に行われた歌謡で,歌詞は古く『雑芸集』に収められていたらしいが伝わらず,『梁塵秘抄』にわずかに残るだけである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぞう‐げい〔ザフ‐〕【雑芸】
古代に行われた雑多な芸能。特に、中国から伝来した散楽(さんがく)系統の曲芸・奇術。雑伎(ざつぎ)。ざつげい。
平安後期から鎌倉時代にかけて流行した歌謡の総称。催馬楽(さいばら)など古典的、貴族的なものに対して、今様(いまよう)沙羅林(さらりん)法文歌神歌など民間から出たもの。「梁塵秘抄(りょうじんひしょう)」などに集録。ざつげい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざつ‐げい【雑芸】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざつげい【雑芸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぞうげい【雑芸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

雑芸
ぞうげい
中国では百戯(ひゃくぎ)ともよばれた曲芸的・奇術的な種々伝来芸能の総称。雑伎(ざつぎ)とも散楽(さんがく)百戯ともいわれた。のちには平安時代後期より鎌倉時代にかけて、上下分かたず盛行した今様(いまよう)を中心とする諸歌謡をさすようになった。このような今様諸歌謡を集めたものに後白河(ごしらかわ)法皇(1127―92)撰(せん)の『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』がある。[高山 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざつ‐げい【雑芸】
〘名〙 さまざまな技芸。劇、踊り、曲芸などの雑多な芸能。雑伎。ぞうげい。
※古典と現代文学(1955)〈山本健吉〉詩の自覚の歴史「世阿彌は申楽その他の雑芸を綜合し」 〔南史‐朱昇伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞう‐げい ザフ‥【雑芸】
〘名〙
① 種々の技芸。劇・踊り・曲芸・奇術などの雑多な芸能。特に中国から伝来した散楽(さんがく)の中で演じられる奇術・曲芸の類をいうことが多い。雑伎。ざつげい。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
※古今著聞集(1254)九「簾中より管絃の御調度を出されたりければ、則糸竹雑芸の興も有けり」
② 平安末から鎌倉時代にかけて流行したさまざまの歌謡の総称。従来の古典的・貴族的なものに対して、民間から出た今様・長歌・古柳(こやなぎ)・沙羅林・法文歌・神歌・田歌など。広義には猿楽・曲芸などを含めるが、一般には、今様を中心とした雑体(ぞうたい)の歌謡をいう。多く、遊女(あそびめ)や傀儡(くぐつ)の女などによって普及され、「梁塵秘抄」などに集録されている。
※御堂関白記‐寛弘七年(1010)七月二八日「乱声各一度、失歟、可三度也、各三曲、是入夜伋也、雑芸如常」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

雑芸
ぞうげい
平安後期の今様 (いまよう) を中心とした新興歌謡の総称
もとは散楽と共演の曲芸の意味。民間芸能となったものが再び貴族間に流行した。歌詞は『梁塵秘抄』に残る。鎌倉期以降廃絶。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雑芸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雑芸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation