@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雛罌粟・雛芥子【ひなげし】

精選版 日本国語大辞典

ひな‐げし【雛罌粟・雛芥子】
〘名〙
① ケシ科の二年草。ヨーロッパ中部原産で、江戸時代に渡来し、切り花や花壇用に栽培される。高さ三〇~六〇センチメートル。全体に粗毛を密布する。葉は互生で普通羽状に深裂、裂片は披針形で縁は歯牙状。五月ごろ、径五~七センチメートルの四弁花を枝端につける。花弁はしわがあり薄く、赤色が主だが淡紅・白・紫色や絞り・八重咲きのものなど変化が多い。漢名、麗春花・虞美人草。ポピー。《季・夏》 〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
② 無邪気な人をいう、女学生仲間の語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雛罌粟・雛芥子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雛罌粟・雛芥子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation