@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

離乳【りにゅう】

妊娠・子育て用語辞典

りにゅう【離乳】
または育児用ミルクなどの乳汁(にゅうじゅう)栄養から、幼児期食事移行する過程をいいます。その子の食欲成長発育、さらに地域やそれぞれ家庭食習慣も考えながら無理なくすすめていくのがポイント。母子健康手帳に「進め方の目安」が記載されていますので、参考にしてください。

出典:母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(母子愛育会総合母子保健センター所長)、子育て編:渡辺博(帝京大学医学部附属溝口病院小児科科長)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

り‐にゅう【離乳】
[名](スル)乳児に乳以外の食物を与え、しだいに量を増して、固形食に移行させること。ちばなれ。「離乳する月齢」「離乳食」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

離乳
 乳児の成長にともなって,母乳摂取から母乳でない食物に切り替えていくこと.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りにゅう【離乳 weaning】
はじめ乳汁で育てられていた子どもも,生後6ヵ月以後になると,乳汁だけでは十分なエネルギー栄養素の摂取がむずかしくなり,半固形食,固形食の形で,いろいろな食品を食べることが必要になってくる。乳汁から雑食への移行は,哺乳類一員としてのヒトには避けられない,必須の成長過程でもある。この過程を離乳という。日本の離乳の進め方については,1980年3月,厚生省離乳食幼児食研究班が発表した《離乳の基本》が基準とされているので,以下この《離乳の基本》をもとに述べる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

離乳
りにゅう
乳汁のみで栄養を摂取していた乳児に,種々の半固形食 (離乳食) を与え,次第に幼児を固形食の食事形態にならすことをいう。普通,生後4~5ヵ月を過ぎた頃から始める。このの食物の与え方が,乳児の心身発達に合せて適切に行われ,乳から普通食への切替えが順調に進めば,乳児の栄養確保やよい食習慣確立に寄与するばかりでなく,精神的独立をももたらすことになる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

離乳
りにゅう

乳汁のみで栄養をとっている乳児に、種々の半固形食を与え、しだいにその硬度と量を増し、幼児の固形食形態に移していく過程をいう。離乳完了とは、おもな栄養源が、乳汁以外の食物になる時期をもっていう。離乳すべき時期を重視して「断乳」という表現も用いられていたが、乳児にストレスを与えることを避け、時期にこだわらず自然に離乳を行うことが主流となり、「卒乳」ということばが使われるようになっている。

 離乳食として最初に与える食品は、各民族の食習慣と密着しており、さまざまである。南方諸国ではバナナを用い、イモを主食とする高地民族は、イモをかんで与えるという。またエスキモーのように生肉を常食する民族では、それを離乳食に与えるという。いずれにしても、その与える素材によって、離乳開始時期も異なるようで、その民族なりの合理的な離乳の進め方が定着しているとみてよい。

 離乳の進め方については、従来はどういう食品をいつごろから、どういう順序で与えるかという「食品中心主義」が一般的であった。これに対して離乳栄養食の研究で知られる医師の二木武(ふたきたけし)(1925―1998)は、食品の種類、順序、配列にはまったく意味がなく、たいせつなのは、どのような素材であっても、乳児に受け入れやすい形に調理してさえあればよいという、「調理形態主義」を主張し、離乳のポイントがそしゃく能力の獲得にあるとしている。したがって離乳の進め方は、調理形態で軟らかいものから硬いものへと進めること、量を少しずつ増やしていくこと、栄養のバランスをとって与えることが基本となる。

[帆足英一]

離乳の開始時期

目安としては、生後5か月ごろが妥当と考えられるが、あくまで個人差を考慮し、発育の速やかな、食欲の旺盛(おうせい)な子は早めに、そうでない子は遅めにと、個性を尊重することが望ましい。

[帆足英一]

離乳の進め方

離乳を始めるときは、乳児の空腹な哺乳(ほにゅう)前の午前10時前後に、1日1回から開始する。新しい食品は、1種類ずつ増やし、同時に2種以上の食品を増やさない。分量は、1日1さじずつ増やし、便性や子供の一般状態を見ながら慎重に進める。調理形態としては、そしゃく能力や嚥下(えんげ)能力の発達に応じて変化させ、初期(5~6か月)は裏漉(うらご)ごししたペースト状のどろどろ、中期(7~8か月)は舌でつぶせるつぶつぶの固さ、後期(9~11か月)は歯ぐきでつぶせる程度の固さを目安に進めることが望ましい。食品群としては、穀類、野菜、タンパク質などを、栄養のバランスを考慮して与える。また薄味にして塩分を少なくすること、清潔に扱うことを忘れてはならない。

 離乳のステップは、あくまで子供の発達段階を考慮しながら進めることが原則であり、それを無視し、月齢のみを考慮して進めるとつまずくことが多い。とくにそしゃく能力、嚥下能力の発達に応じて、調理形態を変化させていくことが必要である。また、授乳と同様、母親にとっても子供にとっても、離乳が楽しいひとときであり、母子関係を深めていく一つの過程であることを認識して進めていくことがたいせつである。

[帆足英一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

り‐にゅう【離乳】
〘名〙 乳児に対してしだいに乳汁以外の食物を与えて、幼児食への移行を準備すること。ちばなれ。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

離乳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

離乳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation