@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

離縁状【リエンジョウ】

デジタル大辞泉

りえん‐じょう〔‐ジヤウ〕【離縁状】
夫が妻を離縁するときにそのを記して渡す書状。江戸時代、妻はこれを受け取れば再婚することができた。三くだり半。去り状離別状

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りえんじょう【離縁状】
江戸時代において庶民が離婚するとき,嫁入り・婿入りを問わず,必ず夫から妻へ交付するを要した文書で,これの授受によって夫婦とも再婚することができた。幕府法上離縁状の授受なしに再婚した場合,男は所払(ところばらい)の刑に処せられ,女は髪をそり親元へ帰された。離縁状の文言は〈其方事我等勝手ニ付此度離縁致し,然ル上は何方え縁付候共差構無之候仍如件〉のように,夫が妻を離婚するという離婚文言と以後再婚してもさしつかえない旨の再婚許可文言とから成るのが普通である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

離縁状
りえんじょう

江戸時代において、庶民が離婚する際、夫から妻またはその父兄に渡す書付。離婚の権利は夫にあったので、離縁状を書くのは夫に限られた。去(さり)状、暇(いとま)状などともよばれたが、『公事方御定書(くじかたおさだめがき)』では離別状と称している。三行半に書く俗習があったので、三下(みくだ)り半(はん)ともよばれた。文言は、穂積重遠(ほづみしげとお)の述べたように、離婚文言と再婚許可文言よりなっていた。夫が妻またはその父兄に離縁状を交付すれば離婚は成立するわけであるが、実際上は、親類や媒酌人などが離縁状を一時預かることが行われ、それほど簡単に離婚になったわけではないようである。『公事方御定書』の規定によると、離別状をとらないで他へ嫁した女は髪を剃(そ)って親元へ返され、また、離別状を遣わさないで後妻を呼んだ者は所払(ところばらい)の刑に処せられた。

[石井良助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りえん‐じょう ‥ジャウ【離縁状】
〘名〙 夫が妻を離別する時に渡す書状。江戸時代、妻はこれを受け取れば再婚することができた。去状(さりじょう)。三下り半。離別状。
※雑俳・柳多留‐六(1771)「ほねが折れましたと渡すりゑん状」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

離縁状」の用語解説はコトバンクが提供しています。

離縁状の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation