@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

難波土産【なにわみやげ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

難波土産
なにわみやげ
江戸時代中期の浄瑠璃評釈書。5巻5冊。三木平右衛門貞成 (蘭皐) 著。元文3 (1738) 年刊。角書 (つのがき) は「浄瑠璃文句註」。『御所桜堀川夜討』『お初天神記』『安倍宗任松浦きぬがさ』『北条時頼記』『大内裏大友真鳥』『国性爺合戦』『苅萱桑門筑紫 (かるかやどうしんつくしのいえづと) 』『芦屋道満大内鑑』『大塔宮曦鎧 (おおとうのみやあさひのよろい) 』の9編の評注で,名題の解説,本文中の辞句の説明と評,総評などを掲載。巻頭に「発端」があり,穂積以貫によるとされる近松門左衛門の聞き書きを所収,そのなかの虚実皮膜論 (きょじつひにくろん) は,近松術観を知るうえで貴重なもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なにわみやげ〔なにはみやげ〕【難波土産】
浄瑠璃注釈書。5巻。三木貞成著。元文3年(1738)。義太夫節9曲に注釈・批評を加えたもの。穂積以貫のとされる近松門左衛門の聞き書き「虚実皮膜論(きょじつひにくろん)」を収める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なにわみやげ【難波土産】
浄瑠璃の語句に関する最初の評釈書。著者は穂積以貫とも,備前岡山の三木平右衛門ともいう。1738年(元文3)1月刊。5巻。《国性爺合戦(こくせんやかつせん)》《蘆屋道満大内鑑あしやどうまんおおうちかがみ)》など9編の浄瑠璃の語釈を記し,必要に応じて文句に対する批評を述べたもの。しかし,本書の価値は発端の部分に収められた近松門左衛門聞書にある。〈芸といふものは実と虚(うそ)との皮膜(ひにく)の間にあるもの也。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なにわみやげ【難波土産】
演劇書。五巻。三木貞成著。1738年刊。穂積以貫によるとされる近松門左衛門の聞き書き「虚実皮膜論きよじつひにくろん」所収で有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なにわみやげ なにはみやげ【難波土産】
浄瑠璃注釈書。五巻五冊。三木平右衛門貞成著。元文三年(一七三八)刊。近松門左衛門以後、享保期(一七一六‐三六)までの浄瑠璃の代表作九編をとりあげ、外題の解説、本文中の辞句の注釈、作品の総評を加えたもの。浄瑠璃の注釈書として初めてのものであると同時に、穂積以貫の筆と思われる発端の部分には近松門左衛門からの聞書きを伝えており、近松の作劇術・芸術観などを知る上でも貴重な資料である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

難波土産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

難波土産の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation