@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

難題【ナンダイ】

デジタル大辞泉

なん‐だい【難題】
詩歌や文章を作るのにむずかしい題。
解決のむずかしい問題。難問。「軍縮という難題に取り組む」
無理な要求。無理な言いがかり。「難題をふっかける」「無理難題

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なんだい【難題】
むずかしい問題。
試験などで、たやすく解けない問題。難問。 -に取り組む
作りにくい詩・歌・文章などの題。
無理な注文。いいがかり。 -を吹っかける 無理-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なん‐だい【難題】
〘名〙
① 作るのにむずかしい詩歌や文章の題。
※毎月抄(1219)「くせ題などをばちと読み口なれて後、今はと覚えむ時又よみならふべく候。難題などを手がけもせずしては、叶ふべからず」 〔後村題跋‐一〕
② 解決が容易でないこと。処理が困難な事柄。また、むずかしい問題・課題。
※五代帝王物語(1302‐27頃)御深草「大将の闕ありしに、只今さして成るべき仁もなかりしにて、拝任は難題なりけるを」
③ (━する) 無理ないいがかりをつけること。無理な注文をすること。また、そのいいがかりや注文。
※浮世草子・好色盛衰記(1688)五「これはおもひもよらぬ難題(ナンダイ)、すこしも身に覚なき事なり」
[語誌]和歌の題詠、ことに結題などの複雑な題に対して歌論で用いられていたものが転じて一般に解決処理が難しい問題、さらには解決不可能な言い掛かりの意味に用いられるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

難題」の用語解説はコトバンクが提供しています。

難題の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation