@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雨台風【あめたいふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雨台風
あめたいふう
風による被害は比較的小さく,雨による被害が大きい台風の俗称。厳密な定義はない。一般に,梅雨期や秋季の台風は風よりも雨による被害が大きい。1947年9月14~15日に関東・東北地方に大雨を降らせ,利根川荒川堤防決壊により東京都,埼玉県に未曾有の大水害を起こしたカスリン台風や,1958年9月26~28日に東海・関東地方で大雨をもたらして狩野川を氾濫させ,伊豆地方で 1000人をこえる死者を出したほか,神奈川県,東京都でも浸水崖崩れ等の大きな被害をもたらした狩野川台風は,雨台風の代表的なものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あめたいふう【雨台風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

雨台風
あめたいふう

気圧配置などによる影響で、風による被害よりも大雨による被害が多くなる台風のこと。一般に、梅雨期や秋期の台風は雨台風が多い。雨台風に対し風台風があるが、明確に区分けする定義はなく、やや便宜的なものである。1947年(昭和22)のカスリーン台風や、1958年の狩野川(かのがわ)台風、ともに100人近い死者・行方不明者を出した2004年(平成16)10月の台風第23号と2011年9月の台風第12号は代表的な雨台風といわれている。

[饒村 曜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あめ‐たいふう【雨台風】
〘名〙 台風のうち、特に雨の量や影響が大きいもの。
※故郷忘じがたく候(1968)〈司馬遼太郎〉「途中、雨台風のあとで道が悪く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あめ‐たいふう【雨台風】
風が吹くよりも主として雨が強く降る台風。→風台風

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雨台風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雨台風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation