@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雨季【うき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雨季
うき
rainy season
月平均降水量の年変化をみると,降水量の多い月と少ない月が明瞭な場合があり,雨季はそのうちで降水量の多い期間をいう。大別すると夏が雨季の場合と冬が雨季の場合の二つがある。サバナ気候や,インド,東南アジアなどの熱帯季節風気候では,夏に降水量の多い雨季(モンスーン)となる。他方,温帯冬雨気候では冬に前線や低気圧の影響を受けて雨季となる。日本では,雨季と乾季の差はやや不明瞭であるが,太平洋側では梅雨期と秋の秋雨と台風期に,日本海側ではそれらに加えて冬季に比較的はっきりした降雪という雨季がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

う‐き【雨季/雨期】
ある地域の1年のうちで、およそ1か月以上にわたって降水の多い時期・季節。熱帯・亜熱帯では気温の年変化が小さいので、季節の推移を雨量の年変化で表し、乾季に対していう。アジアのモンスーン地帯では夏、地中海方面では冬をさす。日本では6、7月の梅雨期と、9、10月の秋雨期、また日本海側の降雪期がこれに当たる。→乾季

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うき【雨季 rainy season】
ある場所または地域において,毎年ほぼ繰り返し,降水量の極大が出現する数ヵ月の期間をいう。乾季はその反対語。雨季はふつう1年に1回ないし2回現れる。熱帯では,太陽が真上にくる2回の時期が雨季になるところが多い。熱帯モンスーン気候下では夏が雨季になり,地中海式気候下では冬が雨季になる。日本では梅雨と秋雨による二つの雨季が顕著であり,日本海側では冬の季節風による雨季がこれに加わる。【前島 郁雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

雨季」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雨季の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation