@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雪月花【セツゲッカ】

デジタル大辞泉

せつ‐げっ‐か〔‐クワ〕【雪月花】
《「せつげつか」とも》
雪と月と花。四季の自然美の代表的なものとしての冬の雪、秋の月、春の花。四季おりおりの風雅な眺め。つきゆきはな。
茶の湯で、一座七、八人が・月・花のひき、雪に当たった人が菓子を食べ、月の人が茶を飲み、花の人が点前を行うもの。裏千家玄々斎が七事式の追加として考案した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

雪月花
大分県大分市、橘柚庵古後老舗(きつゆあんこごろうほ)が製造・販売する銘菓糯米(もちごめ)で作った薄い煎餅種で柚子練りをはさんだもの。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せつげつか【雪月花】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せつげつか【雪月花】
雪と月と花。四季における美しい風物。月雪花げつせつか・つきゆきはな

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雪月花
せつげつか
四季折々の自然の風物のなかで、もっとも雅趣あるものとされるものの総称。白楽天の詩に「雪月花の時に最も君を憶(おも)う」などとあるように、東洋的な風雅の心を抽出した概念の集約であるが、限定的には、春の桜、秋の月、冬の雪をいい、風流韻事の最たるものとして、平安時代以来、日本人の風雅の心の根幹を形成するとともに、象徴的素材として美的生活を支える基盤となってきた。三枚組の絵の画題となったり、歌舞音曲の三段構成の名に用いられたり、茶道で茶式の名として用いられるのは、こうした伝統の表れである。なお、これらに時鳥(ほととぎす)を加え、より限定的には、「春の花、秋の月、雪の曙(あけぼの)、夕さりの時鳥」といって賞した。[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せつ‐げつ‐か ‥クヮ【雪月花】
〘名〙 (「せつげっか」とも) 雪と月と花。また、特に四季の自然美の代表的なものとしての冬の雪、秋の月、春の花。四季の自然美の総称として用いる語。
※和漢朗詠(1018頃)下「琴詩酒の友皆我を抛つ 雪月花の時に最も君を憶ふ〈白居易〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

雪月花
〔長唄, 清元〕
せつげつか
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
寛政10.11(大坂・中山座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雪月花」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雪月花の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation