@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雪華図説【セッカズセツ】

デジタル大辞泉

せっかずせつ〔セツクワヅセツ〕【雪華図説】
雪の結晶図説集。古河(こが)藩主土井利位(どいとしつら)。天保4年(1833)正編、同11年続編刊。顕微鏡観察した合計183のの結晶図と、論考「雪の生成物理」等を収める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雪華図説
せっかずせつ
下総(しもうさ)国古河(こが)(現茨城県)の11代藩主土井利位(としつら)が、20年余にわたって雪の結晶を観察し、顕微鏡による結晶図として出版されたもの。正編(1832年12月刊)には86個の結晶図とともに、利位によって「雪の生成の物理」と「雪の功用」が述べられている。注目すべきは、家老で蘭学(らんがく)者の鷹見(たかみ)泉石がその後書きのなかで、マルチネットJ. F. Martinet(1729―95)の自然学教科書から雪の結晶図12種を引用していることで、本書の成立に蘭学が大きく影響したことを示唆している。続編(1840年9月刊)には、大坂城代、京都所司代として任地で観察したものを含め、97個の結晶図を収めている。これを著したことは日本における西欧科学の黎明(れいめい)期にあって特筆さるべき業績であった。[小林禎作・前野紀一]
『小林禎作著『雪華図説新考』(『雪華図説 正続』所収・復刻版・1982・築地書館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっかずせつ セックヮヅセツ【雪華図説】
雪の結晶図集。下総国(茨城県)古河の一一代藩主、土井利位(としつら)著。雪の結晶のスケッチ一八三種を集録。正編は天保四年(一八三三)、続編は同一一年刊。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雪華図説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雪華図説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation