@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雲南【ウンナン】

デジタル大辞泉

うんなん【雲南】[島根県の市]
島根県東部にある市。山間部では古くから、たたら製鉄が栄えた。平成16年(2004)11月に大東町、加茂町、木次(きすき)町、三刀屋(みとや)町、吉田町、掛合(かけや)町が合併して成立。人口4.2万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うんなん【雲南】[中国の省]
中国南部の省。省都は昆明(こんめい)。温暖な高原地帯で、稲作などが行われ、(すず)・大理石を産する。ベトナムラオスミャンマーに接し、多民族が居住。(てん)。ユンナン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うんなん【雲南】
島根県東部の市。南は中国山地に連なり、北は斐伊川とその支流の流域に広がる平地。北部の平地は古代から開けた土地で、加茂岩倉遺跡など多くの遺跡、古墳がある。山間部にはたたら製鉄の遺構が残る。農林業が中心。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うんなん【雲南】
中国の南部にある省。南はミャンマー・ラオス・ベトナムに国境を接する。大部分が雲貴高原にあり、大理石・スズ・銅などを産出。人口の3分の1はタイ・ミャオ・イ・回などの少数民族。省都、昆明。別名、滇てん・雲。ユンナン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うんなん【雲南】
[一] 中国南部、雲貴高原の西南部を占める省。滇緬公路がミャンマーに通じる。省都、昆明(こんめい)。滇(てん)省。
[二] 中国、昆明の別名。
[三] 島根県北東部の地名。斐伊川中流域、および支流の三刀屋川流域を占める。平成一六年(二〇〇四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

雲南
うんなん
Yúnnán
ミャンマー(ビルマ)・ラオス・ヴェトナムに国境を接する中国南西端の省
漢人のほか,苗 (ミヤオ) ・猺 (ヤオ) ・モイ・ロロ族など少数民族が住む。代に益州郡が置かれ,後漢 (ごかん) ・蜀 (しよく) が経営を進めたが,唐代にはチベット−ビルマ系のロロ族が南詔を建て,宋代にはタイ人が大理国を建てて独立した。元のときに中国領として南行省が置かれ,昆明 (こんめい) に統治機関が置かれた。明・清代に漢人の移住がふえ,イスラーム系の土着民との摩擦が起きた。清末期には一時フランスの勢力範囲となり,ハイフォンから鉄道が敷設された。中華民国初期には反袁世凱運動の拠点の1つとなり,第3革命の発祥地となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲南」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雲南の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation