@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雲居【ウンゴ】

デジタル大辞泉

うんご【雲居】[中国唐代の禅僧]
[835~902]中国、唐代の禅僧。名は道膺(どうよう)。曹洞宗洞山良价に師事し、江西省永修県の雲居山に住み、その宗風を宣揚した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うんご【雲居】[江戸前期の僧]
[?~1659]江戸前期の臨済宗土佐の人。本、小浜氏。諱(いみな)は希膺(きよう)。松島瑞巌寺中興した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くも‐い〔‐ゐ〕【雲居/雲井】
《「居」はすわるの意。「井」は当て字
雲のある場所。雲のたなびいている所。大空。
「みずからを―のひばりに比べ」〈倉田愛と認識との出発
雲。
「はしけやし我家(わぎへ)の方よ―立ち来(く)も」〈・中・歌謡〉
はるかに遠く、または高く隔たった所。
「―なる海山越えてい行きなば吾(あれ)は恋ひむな後は相寝(あひぬ)とも」〈・三一九〇〉
宮中。禁中。
「わざとの御学問はさるものにて、琴、笛の音にも―を響かし」〈・桐壺〉
皇居のある所。みやこ。
「秋の夜のつきげの駒よ我が恋ふる―を駆けれ時の間も見む」〈明石

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うんご【雲居】
江戸前期の臨済宗の僧。土佐の人。号は把不住軒、姓は小浜氏。松島瑞巖寺の中興。万治二年(一六五九)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲居」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雲居の関連情報

関連キーワード

平安時代(年表)月殿輪宝蓮宮積水ハウス福岡大空襲首都圏の待機児童

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation