@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雲門【ウンモン】

デジタル大辞泉

うんもん【雲門】
[864~949]中国、・五代の禅僧。名は文偃(ぶんえん・もんえん)。雪峰義存の法を(つ)ぎ、広東省門山に住み、雲門宗を開いた。「雲門広録」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うんもん【雲門】
864(2)~949 唐末の禅僧。雲門宗の開祖。名は文偃ぶんえん。諡号しごうは大慈雲匡真弘明きようしんぐみよう禅師。慧能えのう門下の義存の法を継いで、広東省の雲門山で禅を広めた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うん‐もん【雲門】
[1] 〘名〙
① 雲の出入りする門。高峰。雲関。
※俳諧・笈の小文(1690‐91頃)「息をきらし汗をひたして漸(やうやう)雲門に入こそ、心もとなき導師のちからなりけらし」
② 銘菓の一種。もち米を白あずきの小倉餡で包んだもの。仏事に用いる。雲門禅。〔文明本節用集(室町中)〕
[2]
[一] 中国の古楽曲名。黄帝が作ったという伝説上の曲名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雲門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雲門の関連情報

関連キーワード

米田哲也雲門文偃雲門宗雲門文偃禅宗東三河のスマホ利用事業藤原忠平陽成天皇ルースアーロンペア

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation