@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

零梅【こぼれうめ】

精選版 日本国語大辞典

こぼれ‐うめ【零梅】
〘名〙
① 咲き乱れた梅の花。また、その模様。
※俳諧・犬子集(1633)一「一ぱいにあまるか坪のこほれ梅〈友重〉」
※人情本・春色恵の花(1836)二「江戸褄模様にこぼれ梅、紅白の上絵彩色銀糸にて松葉をちらしに縫せ」
② 味醂(みりん)のしぼりかす。
洒落本・うかれ草紙(1797)斗量の座しき「イヤモけふは、しかもこぼれ梅によふたので、なをわるい」
③ (咲き乱れた梅の花のように、散りやすいところから) 客をより好みしないでたやすく売色する芸妓。見ずてん芸妓。
※洒落本・戯言浮世瓢箪(1797)二「狐は丘を枕とし唱妓は箱を枕とす、こぼれ梅(ムメ)の花は嵐にころころとこけあるくは、当世女郎(おやま)のけんびき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

零梅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

零梅の関連情報

他サービスで検索

「零梅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation