@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雷神不動北山桜【なるかみふどうきたやまざくら】

世界大百科事典 第2版

なるかみふどうきたやまざくら【雷神不動北山桜】
歌舞伎狂言。時代物。5段。津打半十郎,安田蛙文,中田万合作。1742年(寛保2)正月大坂佐渡嶋長五郎座(大西)初演配役は粂寺弾正・鳴神上人不動明王を2世市川海老蔵(前の2世団十郎),秦民部・白雲坊を佐渡嶋長五郎,雲の絶間姫を初世尾上菊五郎,文屋豊秀を柴崎民之助,錦の前を中村明石,早雲王子を中村次郎三など。天下旱魃の混乱を利用して謀叛を企てる早雲王子の陰謀を背景に,鳴神上人の朝廷への怨恨,小野春道家のお家騒動などを描く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

雷神不動北山桜
なるかみふどうきたやまざくら
歌舞伎(かぶき)脚本。時代物。五幕。津打半十郎、安田蛙文(あぶん)、中田万助合作。1742年(寛保2)1月、大坂・佐渡島(さどしま)座初演。当時初めて大坂へ上った2世市川団十郎が座主佐渡島長五郎との共同企画で、初世団十郎以来の当り芸「鳴神(なるかみ)」と「不動」に、そのころ京坂で流行した磁石の不思議を取り入れた「毛抜(けぬき)」を加え、陽成(ようぜい)帝の御代の早雲王子(はやくものおうじ)の陰謀による朝廷騒動を背景にまとめたもの。三幕目「毛抜」、四幕目「鳴神」、五幕目「不動」の三場はそれぞれ市川家の芸になり、7世団十郎が「歌舞伎十八番」に選んだ。幕末以後中絶したが、いずれも明治後期に2世市川左団次が復活。また、1967年(昭和42)1月、国立劇場で戸部銀作脚本・演出、2世尾上松緑(おのえしょうろく)主演により、原作の他の場面も復活した通し上演が実現、再演もされている。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

雷神不動北山桜
なるかみふどう きたやまざくら, らいじんふどう きたやまざくら
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
津打半十郎 ほか
補作者
富村多吉 ほか
初演
寛保2.1(大坂・佐渡島座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雷神不動北山桜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雷神不動北山桜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation