@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雷電為右衛門【らいでんためえもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雷電為右衛門
らいでんためえもん
[生]明和4(1767).信濃大石
[没]文政8(1825).江戸
江戸時代中期の力士。関半右衛門の子として生まれ,天明4 (1784) 年江戸に出て,年寄浦風林右衛門に入門寛政2 (1790) 年西張出関脇の位置で江戸相撲本場所に初出場。同7 (1795) 年大関となり引退するまで 21年間幕内力士を務めた。身長 197cm,体重 168.8kgという体躯 (たいく) に恵まれ,谷風,小野川と並ぶ名力士とうたわれた。通算成績は 452勝 10敗,優勝相当 25回。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らいでん‐ためえもん〔‐ためヱモン〕【雷電為右衛門】
[1767~1825]江戸後期の力士。信濃の人。大関在位17年。32場所中、254勝10敗、勝率9割6分以上の驚異的な成績を残した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

雷電為右衛門 らいでん-ためえもん
1767-1825 江戸時代中期-後期の力士。
明和4年1月生まれ。浦風部屋に入門,谷風の内弟子として修業。天明8年出雲(いずも)松江藩のお抱え力士となる。寛政7年当時最高位の大関に昇進。197cm,170kgの巨体,怪力のため禁じ手が3手あったという伝説をもつ。文化8年引退。幕内成績254勝10敗21分,勝率9割6分2厘。13年間の巡業日記をのこした。文政8年2月11日死去。59歳。信濃(しなの)(長野県)出身。本名は関太郎吉。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

らいでんためえもん【雷電為右衛門】
1767‐1825(明和4‐文政8)
江戸中期の強豪大関。信濃国小諸在大石村(現,長野県小県郡東部町滋野大石)に生まれる。本名関太郎吉。村の庄屋に見いだされ,浦風部屋の隠し道場で稽古を積み,23歳のとき江戸に出て入門。1790年(寛政2)いきなり西関脇に付け出されたが,入門前の88年雲州(松江)の松平侯に召し抱えられた。95年谷風亡きあと大関に昇進。6尺6寸(197cm),45貫(169kg)の巨体から繰り出す怪力のため,張り手,鉄砲(突っ張り),かんぬきの3手を禁じられたという伝説を,現役時代に生んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らいでんためえもん【雷電為右衛門】
1767~1825 江戸後期の力士。信濃の人。当時の最高位である大関をつとめ、無類の強豪ぶりをうたわれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雷電為右衛門
らいでんためえもん
(1767―1825)
江戸時代の強豪力士。信州大石村(現長野県東御(とうみ)市)生まれ。本名関太郎吉。23歳のとき浦風部屋に入門し、1788年(天明8)松江藩主松平家のお抱え力士となり、雷電と名のる。91年(寛政3)西関脇(せきわけ)に付け出され、95年谷風のあと西大関に昇進した。身長197センチメートル、体重169キログラムの巨体から繰り出す怪力のため、張り手・鉄砲(上突っ張り)・かんぬきの三手を禁じられたという伝説を生んだ。その強豪ぶりは、1811年(文化8)43歳で引退するまで、21年間32場所三役を下ったことがなく、254勝10敗、勝率9割6分2厘、連続優勝7回という、いずれも古今最高を記録した。その間、小野川をはじめ11人の東大関を相手に一歩も譲らず、44連勝、43連勝した。当時「横綱」とは、土俵入りのときに腰にまとう「しめなわ」のことをさしていい、力士の階級でも尊称でもなかった。そして、徳川将軍の上覧相撲に際して選ばれた大関力士が、儀式としてしめた。雷電は、その機会に恵まれなかっただけで、当時の最高位・大関で、無敵の強さをほこった。[池田雅雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らいでん‐ためえもん ‥ためヱモン【雷電為右衛門】
江戸後期の力士。信濃国(長野県)の人。本名関太郎吉。寛政七年(一七九五)、西大関となり、文化八年(一八一一)に引退するまで、優勝二五回、二五四勝一〇敗で勝率九割六分二厘の記録を残した。明和四~文政八年(一七六七‐一八二五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雷電為右衛門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雷電為右衛門の関連情報

関連キーワード

プリーストリー(Joseph Priestly)マイソール戦争総合年表(アメリカ)バッハ川崎定孝アユタヤ朝曲亭馬琴ワットプラマハタートアユタヤ朝タークシン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation