@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

雷電【らいでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

雷電
らいでん
日本海軍の局地戦闘機三菱重工業が開発し 1942年に初飛行したが,その後の開発に手間どり,実用になったのは 1944年であった。速度と上昇力に重点をおいた唯一の局地戦闘機として,ボーイングB-29爆撃機の迎撃に使われた。しかしエンジンの不調と視界の不良により,性能評価は分かれた。タービン過給機や与圧座席の導入も試みられたが,実用にはならなかった。エンジンは火星 (1820馬力) 1,乗員1,全長 9.7m,総重量 3440kg,最大速度時速 610km,航続距離約 1900km,6000mまでの上昇力6分 14秒,上昇限度1万 1700m。武装は 20mm機関砲4,爆弾搭載量 60~120kg。生産数は,戦争終了までに約 500機。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らい‐でん【雷電】
かみなりいなびかり鳴と電光。
旧日本海軍の単発単座の迎撃戦闘機。局地防空用として開発された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

雷電
日本のテレビアニメ『ガサラキ』(1998-1999)に登場する人型歩行兵器、タクティカルアーマー。頭頂高4.4メートル、重量2.5トン。操縦者は豪和(ごうわ)憂四郎ほか。豪和インスツルメンタルが開発。素早い移動が可能。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雷電
第2次世界大戦末期に日本軍が用いた局地戦闘機。正称三菱J2M雷電」。初飛行は1942年。二一型の最高速度は時速587キロメートル。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らいでん【雷電】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らいでん【雷電】
かみなりといなずま。
旧海軍の局地戦闘機。大馬力エンジンを積んだ太い胴体が特徴的。第二次大戦末期に防空戦に活躍。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

雷電
らいでん
雷は雷鳴を、電は電光をさす。したがって雷電とは音と光を伴った雷放電現象、すなわち雷雲内の、あるいは雷雲と大地の間の放電現象である。しかしながら雷はその一字で電光と雷鳴をあわせてさすとするのが普通であるので、その解釈によれば雷と雷電とは同義語である。[三崎方郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らい‐でん【雷電】
[1] 〘名〙
① かみなりといなずま。また、雷が鳴り、いなずまが光ること。
経国集(827)二〇・紀真象対策文「挙秋毫者不多力、聴雷電者不聰耳」 〔易経‐噬卦〕
② 旧日本海軍の迎撃戦闘機の機種名。局地防空用として開発された。単発単座。最大時速五八六キロメートル、航続距離一八二〇キロメートル。
[2] 謡曲。五番目物。観世宝生金剛・喜多流。作者不詳。「太平記」による。菅丞相の霊が比叡山延暦寺座主の法性坊(ほっしょうぼう)を訪れ、生前の師恩を感謝した後、自ら雷となって宮廷人に報復する意志を明かし、僧正に祈祷のために参内しないよう願う。僧正が応じきれないというと、丞相の霊は怒って仏壇の柘榴(ざくろ)をかみくだいて妻戸にはきかけ火炎を起こすが、僧正の洒水(しゃすい)の印によって消し止められ姿を消す。やがて僧正が参内すると雷電が現われて四方を鳴り回るが、僧正の法力に力尽き、また帝から天満大自在天神の贈位を受け、黒雲にのって空に上がっていく。「妻戸」(金剛流)ともいい、また後半を改作したものに「来殿」(宝生流)がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雷電」の用語解説はコトバンクが提供しています。

雷電の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation