@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

電子ブック【でんしぶっく】

デジタル大辞泉

でんし‐ブック【電子ブック】
electronic book》8センチCD-ROMを用いて、特定の規格で主に文字情報を収めた出版物。ソニーが中心となって規格を策定、専用の再生機である電子ブックプレーヤーで表示する。商標名。EB。
[補説]電子化された書籍データ全般を指す語としては多く電子書籍が用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

電子ブック
でんしぶっく
ソニーが中心となって開発された、電子書籍の規格の一つ。電子辞書の標準フォーマットであるEPWINGとは互換性はない。言や地域、拡張機能の違いなどにより、EB、EBXA、S-EBXAなどいくつかの仕様がある。文字や画像などのデータを提供するメディアとして、直径8センチメートルのCD-ROMを利用し、それを専用キャディ(ケース)に収めたもの。電子ブック用の端末としては、1990年代にソニーから発売された「データディスクマン」が最初で、液晶とCD-ROMプレーヤーを備えた形態であった。また、パーソナルコンピュータ(パソコン)からも、専用アプリケーションをインストールすることで読むことができた。販売された電子ブックは、百科事典や辞書をはじめ、学習用や趣味向けなど多岐にわたったが、どちらかというと今日の電子辞書的なコンテンツが多かった。
 松下電器産業(現パナソニック)や三洋電機からも電子ブックプレーヤーが発売されたが、のちに撤退、ソニーも電子ブックプレーヤーの販売を2000年(平成12)で終了した。その後のソニーの電子書籍関連の取り組みとしては、2004年に表示方法に電子ペーパーを採用したリブリエを発売したが、2007年に端末の生産を、2008年にコンテンツ販売を終了した。2010年には、やはり電子ペーパーによる表示を行うReader(リーダー)を発表している。Readerは、2006年のアメリカを最初に、ヨーロッパ、オーストラリアなどで先行販売されていた。なお、電子書籍一般を電子ブックと称することもある。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子ブック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電子ブックの関連情報

関連キーワード

記憶装置ブートROMROM in RAMマルチリードCD-ROMROMMSCDEX.EXECD-ROM Extensionプレイステーション炎上マーケティング

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation