@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

電子署名【デンシショメイ】

知恵蔵

電子署名
データがオリジナルであり、改変されていないことを示すため、データ中に埋め込まれる暗号化された特殊な情報のこと。電子署名は、オリジナルのデータから生成される。有効性をチェックするは、再度データから電子署名を作成し、埋め込まれたものと一致するかを調べる。データが改ざんされた場合は、署名が一致しない。電子署名自体の改ざんを防ぐため、署名作成時には、電子証明書パスワードといった外部の情報を組み合わせて暗号化される。
(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

でんし‐しょめい【電子署名】
電子的に作成された署名全般のこと。暗号技術などを用いて文書の正当性を証明するものをデジタル署名という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集

電子署名
電子的な文書に付与する、電子的な徴象であり、紙文書でのサインに相当する機能を意図したものである。主に否認防止、偽造・改竄の防止のために用いられるもの。

出典:農林水産省

ブランド用語集

電子署名
電子署名とはネットワークを介して取引などを行う際に本人であることを認証する技術のことをいう。公開鍵方式の暗号技術が用いられる。

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報セキュリティ用語辞典

電子署名
データの完全性(通信途中に改ざんされていないこと)と、送信者の非否認性(確実に本人から送信されたものであること)を証明する仕組み。

出典:教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

でんししょめい【電子署名】
インターネットを通じてやり取りされるデータの正当性を保証するために用いられる電子的な署名の総称認証局が発行する電子証明書と合わせて、データの作成者が誰なのかを示し、データが改ざんされていないことを保証する。◇公開鍵暗号などの暗号技術を用いたものを特に「デジタル署名」というが、区別しないことも多い。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

でんししょめい【電子署名】
電子商取引などのネットワーク上のデータ交換で、本人であることを確認するための暗号化されたデータ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

電子署名
でんししょめい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電子署名」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電子署名の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation