@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

電気化学【でんきかがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

電気化学
でんきかがく
electrochemistry
電気の関与する化学変化,あるいは化学変化の電気関係を考察する化学の一部門。電池電解界面電気現象気体放電などを取扱うほか,固体 (半導体を含む) ,液体 (溶融塩電解質水溶液,非水溶媒を含む) ,気体の構造や導電現象,電離状態の研究を扱う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

電気化学
電子のやりとりが関与している化学現象を取り扱う化学の分野。歴史的にはボルタ(、A.Volta)の電池の発見が出発点と考えられ、その後ファラデー(英、M.Faraday)による電気分解の法則が近代物理化学の基礎となった。電気化学が取り扱う系の大部分は、電子導電体とイオン導電体の組み合わせから構成されている。応用分野は電池、燃料電池、表面処理、センサーアルミニウム電解精錬、有機電解合成などで、いずれも工業上、重要な位置を占めている。近年の携帯電話の普及と環境問題に関連し、リチウム二次電池や燃料電池の分野の研究が活発に行われている。電気化学の原理を応用したポーラログラフィーなどの電気分析法は、多方面で使われている。
(市村禎二郎 東京工業大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

でんき‐かがく〔‐クワガク〕【電気化学】
電気的エネルギー物質の化学変化との関係を研究する化学の一部門。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんきかがく【電気化学 electrochemistry】
分子やイオンの運動や化学変化と電気エネルギーとの関係,化学エネルギーと電気エネルギーとの相互変換,ならびにそれらの工業的応用を取り扱う学問分野。J.プリーストリーとH.キャベンディシュ(1775)は,湿った空気中で放電を行うと硝酸亜硝酸ができることを観察したが,これは電流による化学変化についての最も古い記録の一つである。その後,二つの金属片をカエルの足に接触させると痙攣(けいれん)が起きることがL.ガルバーニ(1791)によって見いだされ,さらにA.ボルタの電堆が発明されるに至って,ここに電気化学の系統的な研究の歴史が始まった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

電気化学
でんきかがく
electrochemistry

電気現象と物質との化学変化の関係を研究する化学の一分野。たとえば、界面電気現象、電離状態、物体の導電現象、半導体、電池、電極反応、水溶液や溶融塩の電解、非水溶媒中での酸化還元、などが研究対象である。今日これらの研究対象は有機化学、無機化学、工業化学のすべてにおいて関連しており、古典的なイメージを捨てるのであれば、「電気化学」という分野の存在は強く意識する必要はない。

 歴史的には、狭義の電気化学は、イタリアのガルバーニの起電力の発見(1791年に公表)、ボルタの電池の発明(1800)に始まる。物質の中に電気的なもの―イオン―があることを提唱したのは、イギリスのファラデーであった。電気分解の実験からイオンを仮定し、電荷・単位電荷の概念が誕生し、発生する電気量と物質の量との関係をみいだした。これらは電気化学における基本法則である。

 今日の化学では、原子の中の電子の役割が量子化学によって明らかとなったので、イオンの構造、酸・塩基の本質、酸化還元反応における電子の働きなど、電気化学発祥のころの疑問は解明されている。現在の研究対象は、化学反応における電子の微視的な働きの解明であり、それは固体表面における界面現象や、電場や電磁波を受けながらの物質の挙動などを電極反応として研究するなど、より量子化学的統計熱力学的になっているといえる。

[下沢 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でんき‐かがく ‥クヮガク【電気化学】
〘名〙 物質の化学変化と電気エネルギーとの関係、化学エネルギーと電気エネルギーとの変換関係を研究する学問。狭義には物理化学の一分野で、電解現象や電熱によって得られる高温での化学などに代表されるが、近年は熱力学や量子力学の進歩によって物質の構造や物性などをも含む。〔電気訳語集(1893)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

電気化学
デンキカガク
electrochemistry

化学エネルギーと電気エネルギーとの相関関係を検討する物理化学の一分野.電気化学の理論は熱力学的な平衡論,反応速度論(とくに不均一反応),および電解質溶液論を主体として組み立てられている.その応用は,
(1)電源用電池の製造,
(2)電解製造(水電解,電解アルカリ,金属の精錬など),
(3)電解めっき,
(4)金属の腐食・防食,
(5)電解コンデンサーの製造,
(6)電熱工業,
(7)各種電気分析法,
などの多方面に及んでいる.電気化学の歴史はイタリアのL. Galvani(ガルバーニ)とA. Volta(ボルタ)にはじまり,起電力の概念や電池がはじめて得られた(1791~1792年).その後,M. Faraday(ファラデー)は電解に関するファラデーの法則を発見し,さらにイオン(カチオン,アニオン),電解質,電極(アノード,カソード)などの用語を提出して(1883年),電気化学の発展に大きく寄与した.電解質の水溶液中における電離については,S.A. Arrhenius(アレニウス)の説(1887年)が提出され,強電解質溶液の特異な挙動は,イオン間の静電的相互作用を考慮したデバイ-ヒュッケルの理論により説明された(1932年).水溶液の電解に関しては,1900年代はじめにF. Haber(ハーバー)やJ. Tafelによる過電圧と電流密度との対数関係が実験的に発見された.さらに,熱力学,量子力学,統計力学,絶対反応速度理論などの進歩とともに電極反応速度論などの研究が発展した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電気化学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電気化学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation