@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

電照菊【デンショウギク】

デジタル大辞泉

でんしょう‐ぎく〔デンセウ‐〕【電照菊】
出荷時期の調整のため電照栽培で育てられたに咲く品種開花を遅らせ、からにかけて出荷する。愛知県渥美半島での栽培が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

電照菊
(愛知県田原市)
日本夜景遺産」指定の地域遺産。
菊に夜間も照明を当てることで出荷時期を調整する電照栽培。このハウスの明かりが夜景として鑑賞できる。10月前後、赤羽根地区を中心に田原市内の各所で見られる

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電照菊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電照菊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation