@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

電磁相互作用【でんじそうごさよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

電磁相互作用
でんじそうごさよう
electromagnetic interaction
荷電粒子と電磁場光子)の相互作用で,その強さは微細構造定数 e2/ℏc=1/137.04 で特徴づけられる。ただし,ℏ=h/2πであり,e は電気素量,h はプランク定数,c は真空中の光速度である。荷電粒子間に働く作用は光子によって伝搬され,光子の質量がゼロであるため作用の到達距離は無限に長い。この相互作用は,ゲージ変換と空間反転のもとで不変であり,アイソスピンの第三成分,ストレンジネス,チャームを保存する。荷電共役変換と時間反転に関しても不変と考えられているが,いまだに確定的ではない。電磁場の制御が高い精度で可能であることから,素粒子の研究の主要な手段を提供する。また電磁相互作用はくりこみ可能であるため,素粒子理論の典型となっている。(→くりこみ理論

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でんじ‐そうごさよう〔‐サウゴサヨウ〕【電磁相互作用】
自然界に存在する四つの基本的な力(相互作用)の一。電磁場から荷電粒子が受ける力を指し、光子(仮想光子)が力を媒介する。電荷符号正負であれば引力となり、同じであれば反発力斥力)となる。電磁気力

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんじそうごさよう【電磁相互作用】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

電磁相互作用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電磁相互作用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation