@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

電離損失【でんりそんしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

電離損失
でんりそんしつ
ionization loss
高速の荷電粒子物質中の原子励起または離して失うエネルギー。電離損失は物質の原子番号 Z と原子量 A との比 Z/A および粒子の電荷の2乗に比例し,また,粒子の速さの関数であって,速さが増すとその2乗に反比例して減少し,速さが真空中の光速度に近づくとほぼ一定になる。物質の厚さ 1g/cm2 (底面 1cm2を切取ったとき,その質量が 1g であるような厚さ) あたりの電離損失の値 (質量阻止能) は,原子番号の小さい物質で約 2MeV ,鉛のように重い物質で約 1.2MeV である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でんり‐そんしつ【電離損失】
電子や陽子などの荷電粒子が物質中を通過するとき、その物質を構成する原子を電離したり励起したりして、エネルギーを失う現象。その際の単位距離当たりに失う平均のエネルギー損失を阻止能という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電離損失」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電離損失の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation