@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

電離説【でんりせつ】

世界大百科事典 第2版

でんりせつ【電離説 ionization theory】
電解質とよばれる物質の溶液は,電気を導く性質をもっているばかりでなく,蒸気圧や浸透圧などの熱力学的な性質の面でも,ショ糖などで代表される非電解質の溶液とは異なる挙動を示す。電解質と非電解質との相違を説明するためにS.A.アレニウスが提出した理論がアレニウスの電離説である。これより先にM.ファラデーは,電解質溶液に電場を加えると,電解質がイオンに分かれて電気を導くと考えた。これに対してアレニウスの理論では,溶液中の電解質はつねにある割合で陽イオンと陰イオンとに解離しており,未解離の中性分子とイオンとの間には平衡が成立しているものと仮定する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

電離説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

電離説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation