@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

霊性【れいせい】

精選版 日本国語大辞典

れい‐せい【霊性】
〘名〙
① 非常にすぐれた性質。超人的な力をもつ不思議な性質。れいしょう。
※桐の花(1913)〈北原白秋〉ふさぎの虫「貴重な霊性を盲目にした」 〔韓愈‐芍薬歌〕
② 肉体に対して霊をいう。
※引照新約全書(1880)達羅馬人書「主イエスキリストを指て示せり。彼は肉体に由(よれ)ばダビデの裔(すゑ)より生れ、聖善の霊性(レイセイ)に由ば甦りし事によりて明かに神の子たること顕れたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霊性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

霊性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation