@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

霧島火山帯【きりしまかざんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

霧島火山帯
きりしまかざんたい
九州中央部の阿蘇山から琉球列島を経て台湾北端タートン (大屯) 火山まで達する火山帯。北部には世界的な大カルデラで有名な阿蘇火山をはじめ,鹿児島県姶良 (あいら) ,阿多,喜界の九州四大カルデラがある。火山としては,阿蘇山,霧島山桜島開聞岳をはじめ,硫黄島,吐 噶喇 (とから) 列島,鳥島などが南西諸島主軸の西側に並び,活火山が多い。阿蘇周辺の台地や南九州のシラス台地などは,カルデラ形成前に噴出した溶結凝灰岩軽石流 (→浮石流 ) ,降下軽石層などから成り,その表面は,カルデラ形成後にできた阿蘇中央火口丘,霧島山,桜島,開聞岳などの新期火山噴出物で広くおおわれている。琉球火山帯ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きりしま‐かざんたい〔‐クワザンタイ〕【霧島火山帯】
九州の阿蘇山から霧島山桜島吐噶喇(とから)列島硫黄鳥島を経て台湾北部に至る火山帯。阿蘇・姶良(あいら)・阿多(指宿(いぶすき)とも)・鬼界の四大カルデラがある。琉球火山帯。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きりしまかざんたい【霧島火山帯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

霧島火山帯
きりしまかざんたい

九州の阿蘇山(あそさん)を北端とし、霧島山(やま)から、鹿児島県の吐噶喇(とから)列島、沖縄鳥島(とりしま)(硫黄(いおう)鳥島、琉球(りゅうきゅう)鳥島ともいう)を経て、台湾北端へ連なる火山帯。琉球火山帯ともいうが、現在では西日本火山帯として一括され、霧島火山帯という名称はあまり用いられない。おもに安山岩からなる第四紀の火山帯で、北部には阿蘇、姶良(あいら)、指宿(いぶすき)(阿多(あた))、鬼界(きかい)の四大カルデラがある。更新世(洪積世。約260万~1万年前)に、これらのカルデラをつくった噴火で放出された火砕流堆積(たいせき)物は灰石(はいいし)やシラスなどと通称され、九州中~南部を広く覆っている。阿蘇山、霧島山、桜島、開聞(かいもん)岳、吐噶喇硫黄島、口永良部(くちのえらぶ)島、中之島、諏訪瀬(すわのせ)島、沖縄鳥島などの活火山が並んでいるが、沖縄鳥島から先は、先島(さきしま)諸島西表(いりおもて)島北東沖での海底噴火の記録があるだけで、実態はつかめていない。

[諏訪 彰・中田節也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きりしま‐かざんたい ‥クヮザンタイ【霧島火山帯】
九州の阿蘇山から霧島山、南西諸島を経て台湾の北端に至る火山帯。阿蘇、姶良(あいら)、指宿(いぶすき)、喜界の大カルデラが発達し、火山活動が盛んで、阿蘇山、霧島山、桜島、口永良部(くちのえらぶ)島、硫黄島などの火山が活動している。琉球火山帯。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霧島火山帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

霧島火山帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation