@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

露地【ろじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

露地
ろじ
一般には屋根などのおおいのない地,地面,地上のこと。門内や庭先の道,家の間の狭い道。路地,露路,廬路とも書く。特に茶道では千利休茶庭を露地と呼んだ。「三界の火宅を出で露地に坐す」の仏語からとった呼称山寺深山の自然を写す心持で,待合腰掛,雪隠 (せっちん) ,蹲踞 (つくばい) ,飛び石などを設ける。内と外の別がある露地では中潜 (なかくぐり) を設け,樹木は花ものを避け常磐木を主とする。茶会のとき,主 (あるじ) の迎えで客が順に露地草履露地下駄をはいて飛び石伝いに蹲踞に行き,手水を使い,茶室の上がり口に進むことを露地入りという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろ‐じ〔‐ヂ|‐ぢ〕【露地/路地/露路】
(露地)屋根などがなく雨露がじかに当たる土地。「―栽培」
(路地・露路)建物と建物との間の狭い道。
(路地・露路)門内や庭内の通路。
(露地・路地)草庵式茶室に付属した庭。腰掛け石灯籠(いしどうろう)飛び石蹲踞(つくばい)などを配し、多くは外露地内露地とに分けられる。茶
[補説]書名別項。→路地

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

ろじ【露地/露路】
➀屋根などのおおいがなく露出した地面。
➁建物と建物に挟まれた狭い通路。
➂茶室に付属して設ける庭。ふつう内露地と外露地からなり、飛び石つくばい石灯籠などを配置する。◇「茶庭(ちゃてい/ちゃにわ)」ともいう。また、特に草庵茶室に付属するものをいうこともある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

露地
ろじ

路地とも書き、「ろうじ」とも発音する。家と家との間に挟まれた細長い道、あるいは屋根のない土地のことなどをいう。都市においては路地を開通させることにより街区内部の空閑地の高密度な利用が図られてきた。一方、茶の湯における庭も露地(路地)とよばれる。山上宗二(やまのうえのそうじ)が伝える初期の茶室古図(紹鴎(じょうおう)四畳半図)には「脇(わき)ノ坪ノ内」と「面坪(おもてつぼ)ノ内」がついていた。後者は室内への採光や通風、「中立(なかだち)」のために必要な庭であり、前者は茶室への通路であった。露地は、茶の湯の環境を「市中の山居」といわれるような別天地に形成するための結果としての役割を負っている。そのため、庭園的な広がりをもつようになっても苑路(えんろ)であることを主体とし、「道すがら」を意味する「路次」に発することばでよばれる。苑路の途中には潜りの形式の門が反復して設けられ、飛石(とびいし)や延段(のべだん)によって躙口(にじりぐち)まで導かれる。樹間には石灯籠(いしどうろう)が低く据えられ、茶室の近くには蹲踞(つくばい)が据えられる。

[日向 進]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

露地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

露地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation