@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

露天掘り【ろてんぼり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

露天掘り
ろてんぼり
open cut (pit) mine
鉱床が地表近くに平板状に存在し,表土を除去しやすい場合に用いられる採掘法。機械の利用が容易で採掘率が高い。坑内掘りに対する。表土を除いて露出した鉱床を階段状に採掘する階段採掘法と,下部の運搬坑道から垂直に鉱床内に竪坑を掘上げ地表に貫通させたのち,この竪坑のまわりから採掘してじょうご形に掘取るグローリー=ホール法などがある。日本の石灰石採掘の大部分は階段採掘法によっている。他の露天掘りは日本ではあまり行われていないが,世界的には中国のフーシュン(撫順)炭鉱アンシャン(鞍山)鉱山,アメリカのビンガム鉱山,ペルートケパラ銅山などが代表的な例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろてん‐ぼり【露天掘り】
石炭鉱石などを、坑道を作らずに地表から直接に掘り進んで採掘すること。鉱床が浅くて広い場合に行われる。(おか)掘り。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろてんぼり【露天掘り】
露天採掘あるいは露天採掘法の慣用語で,坑内掘りに対する語。英語では,open‐pit mining,open‐cast mining,surface miningなどという。鉱床が地表に露出し,あるいは地表近くにある場合に行われる鉱石の採掘方法。鉱床の露頭や地表の表土石をはぎとって,すぐに鉱石の採取が行えるので,作業が単純で,機械類の導入も容易であり,しかも,坑内採掘にくらべて安全であるため,高能率で経済的な採掘が可能である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ろてんぼり【露天掘り】
表土などを剝ぎ除き、地表から直接、石炭や鉄などの鉱石を採掘する方法。陸おか掘り。 → 坑内掘り

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

露天掘り
ろてんぼり
open cut miningopen pit mining
地表で鉱石、石炭などの地下資源を採鉱する方法で、鉱床が地表に露出または浅部にある場合に適する。採鉱に付帯する積込みや運搬作業が坑内で行われても、主作業である採掘が露天で行われる場合は露天掘りという。陸(おか)掘り、露天採掘、坑外採掘などともいい、坑内掘り、坑内採掘に対する。
 露天掘りには次のような方法がある。
(1)傾斜面採鉱法 山腹の傾斜面に沿って採掘する方法で傾斜掘りと称され、地形が急傾斜でも緩傾斜でも高度の技術を要せずに採掘しやすいが、絶えず落石や墜落の危険があり、開発当初や小規模採掘の場合以外はあまり用いられない。
(2)グローリホール法 地表にグローリホールglory-holeとよぶ切羽(きりは)と、これに続く立坑(たてこう)と地下施設を備え、立坑を中心としてその周囲を漏斗(ろうと)状に採掘する方法で、地下施設は小割(こわり)室、貯鉱槽、積込み運搬設備などからなり、切羽から立坑を経て落下してくる鉱石を適当な大きさに粉砕して積み出す施設である。この方法も、傾斜面特有の危険性と、降雨時などに立坑詰まりをおこしやすいなどの欠点があり、しだいに行われなくなった。
(3)階段採鉱法 採掘対象物を階段状に採掘する方法で、階段の水平部をベンチ床(ゆか)、垂直部を切羽面、これらを総合してベンチといい、この採掘法をベンチカット法ともいう。海外では以前から行われていたが、安全で能率がよく大量生産に適するなどの長所と大型機械の発達により日本でも広く採用されている。たとえば年産2億トン近い石灰石生産の98%以上がこの方法で採掘されている。
(4)水力採鉱法 高圧水の噴射によって採掘する方法で、砂鉱などの堆積(たいせき)鉱床の採鉱に適している。
(5)浚渫(しゅんせつ)法 河川底または平坦(へいたん)な土地に存在する砂鉱を浚渫船(ドレッジャーという)で採鉱する方法。稼行できる深さは30メートルくらいまでである。
 陸上で露天掘りを行う場合は一般に鉱床を覆う表土または不用の岩石層を除去しなければならない。これを剥土(はくど)といい、廃石と鉱石の比である剥土比が低いほど露天掘りの経済性がよくなる。露天掘りは坑内掘りに比して安全性、生産性、経済性などがはるかに優れているが、採掘に伴い粉塵(ふんじん)、水質、騒音などの公害問題をおこすおそれがある。その採掘跡は、環境保全と危険防止のため表土の埋め戻し、植樹による緑化、湖沼の形成などの工事が必要である。これをリクラメーションreclamationといい、最近とくに重要視されるようになった。日本では地質鉱床の関係で大規模に露天掘りができるのは石灰石、ドロマイト、珪石(けいせき)、砕石原料、石材などに限られているが、海外では銅、鉄、石炭、褐炭その他の鉱石が大規模に露天掘りで採掘されている例が少なくない。[房村信雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

露天掘り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

露天掘りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation